「◯◯がないとできない」という嘘。必要なものは今すべて揃っている。

英語を話せるようになるには何が必要だろうか。外国人の友人だろうか。質のいい英会話スクールと優秀な先生だろうか。やる気と根気だろうか。それとも留学だろうか。


わたしは英語を学ぶために今オーストラリアにいるのだけど、英語が話せるようになるために留学は必須かと言うと、特に必要ないと思う。

日本にいながら英語を学ぶ方法はいくらでもあるし、留学をせずに、英語がペラペラな人もたくさんいる。

逆に、留学しても英語を話せないまま帰国する人もたくさんいる。



先日銀行口座を開設しに行ったのだけど、あまりの難解な英語に泣きそうになり、日本語が話せるスタッフを呼んでもらった。

そこに現れたのは韓国人の女性で、多少アクセントに癖はあるものの、完璧な日本語を話していた。日本に留学していたのかと尋ねると、驚くことに一度も来たことがなく、大学で1年半ほど学んだだけだという。



留学は、英語を話せるようになるためのひとつの手段でしかない。


けれど「留学しないと話せるようにならない」「日本にいて勉強しているだけじゃあ話せるようにならない」と思っている人もいるように思う。

けれどわたしは「留学しなければ英語が話せるようにならない」というような、「◯◯がなければ△△ができない」というのは、すべて嘘だと思う。嘘というより、やらない言い訳という方が近いかもしれない。



シドニーに来る前に2週間滞在していたオーストラリアで出会った日本人は、2年間オーストラリアにいるものの、あまり英語が話せないようだった。けれど彼女は、「日本に帰る前にセブ島に寄って、マンツーマンのレッスンを受けようと思っている」と言っていた。

わたしはそれを聞いた時衝撃を受けた。英語圏に住み、しようと思えば英語だけの環境に身を置けるのにもかかわらず、今いる場所で外国人との交流をしようとせず、セブ島へ行って英語を勉強すると言う。

その人はセブ島へ行こうがどこへいこうが、このままだと一生英語をしゃべれないままなんじゃないか…と思わず考えてしまう。


でもこの人が特別おかしなことを言っているとは思わない。わたしたちには結構そういうところがある。どれだけ恵まれた環境を用意されたとしても、「あれがない、これがない」と言い訳をつくり、「あれがあったらできるのに」と思ってしまうのだ。


でも「今この場所で、この瞬間からできること」に気付かない限り、したいことをできるようになるには一生ならないんだと思う。

「◯◯がないとできない」というのは、やらずにいるための言い訳だ。


必要なものは、今すべて揃っている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks a lot!
44

また見たい読みたい他の人の作品

noterさんの作品をここに収納しています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。