自分の理想を押し付けない

教えることを仕事にしていて気をつけていることのひとつに、「自分の理想を押し付けない」がある。



以前中学生に英語を教えていたとき、「こういうことを学んで欲しい」「こういう大人になって欲しい」「自分で考えられるようになって欲しい」という想いがあった。


一見「子どものことを考えたいい先生風」だけど、それは自分の理想を相手(子ども)に押し付けているだけだと今は思っている。


それにそういう想いは相手にはあまりひびかない。

なぜなら彼らの理想とわたしの理想は違うからだ。





わたしが英会話の仕事で、生徒さんに「外国人と渡り合えるくらいペラペラになって欲しい」「正しい英語できちんと話せるようになって欲しい」という勝手な理想を持ったとする。


そうするとなかなか話せない生徒さんは「わたしの理想の状態とは程遠い」ということになってしまう。

ミスをたくさんする生徒さんは「全然勉強してない」となってしまう。


すると「まだまだ足りてない」「もっと勉強をしなきゃダメ」「もっと頑張って」という目線で見てしまう。


だけどその生徒さんは、別にそんな状態を望んでいないかもしれない。

軽く挨拶が出来て、一言ふたこと言葉を交わせたら十分だと思っているかもしれない。


だとしたら、少しでも話せたら「すごいですね!」「理想の状態まであと一歩じゃないですか!」というポジティブな目で見ることができる。




教える仕事じゃなくても、上司が部下に、親が子どもに見るときも一緒だ。


自分の理想で相手を見ると、相手の足りていない部分ばかりが目につく。

そこに近づくための努力をしない相手が憎らしく見えてくる。

ときには説教することもあるかもしれない。

そして一向に変わらない相手に腹を立てる。


でもそんなことしてもなんの意味もない。

だって相手の理想とあなたの理想は違うんだから。


わたしが「相手のため」と思って勝手に抱いた理想は、その人にとってはどうでもいいことかもしれないのだ。

というかどうでもいいのだ。



自分の理想を押し付けない。

それができれば、生徒と先生、上司と部下、親と子ども。いろんな関係性が良くなる。だって相手を「足りていない」という目線で見なくて済むから。

わたしの理想はわたしが追いかければいい。

相手の理想を大切にしてあげよう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【英会話3ヶ月集中コース】


今度こそ英語が話せるようになりたい方に向けて、エッセンスをぎゅっと詰め込んだ3ヶ月集中コースがオープンしました。


詳しくはこちらをご覧ください:


3ヶ月間で英語は話せるようになります。でも新しい文法を覚えたり、がんばって単語量を増やす必要はありません。

今すでにある知識だけで、英語は話せるようになるんです。


大切なのは「ただの知識を使える道具へと変化させること」です。

その方法を3ヶ月間たっぷり学び、実践し、習得していけるのがこのコースです。

人生の3ヶ月間、本気で英語を学びませんか?

一人ひとりの「英語を学びたい目的」と「目指すゴール」に合わせてしっかりサポートします。



疑問、質問など、どんなことでも構いません。お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせ: lilish.english@gmail.com


SNSからのご連絡もお待ちしています。

●Instagram:yukaryn_

●facebook:高木友夏里

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


インスタのストーリーズで毎日、気軽に使える英語表現や、洋楽を通じた英語レッスンを発信しています。ぜひチェックしてみてください。

●Instagram:yukaryn_


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks a lot!
36
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。