【社員インタビュー】 エンジニアマネージャー

こんにちは!「LINE」の子会社「ネクストライブラリ」で働くデザイナーのホーリー&ななみんです。
今回はネクストライブラリ担当のエンジニアマネージャーである天野智夫さんに話を聞いてきました!

天野 智夫(あまの ともお)
NAVERまとめ、Lisah(まとめに付随する著作権管理システム)、開発中の新サービスの3つを統括・進捗管理を担当。趣味はスマホゲーム。

―今までのキャリアについて教えてください。
天野:新卒でSIと自社開発の2つのサービスを展開している会社へ入社して、9年間勤めました。業務内容は時代に合わせて色々変化していきましたね。
次に同僚が起業した会社に2年勤めて、その後知り合いの紹介でライブドア(現LINE)に入りました。

―仕事で楽しいと感じることは何ですか?
天野:コードを書くことです。物を作らないと働いた気にならないので。
一方、若いエンジニアの教育やサポートにまわることも大事だと思います。

―入社後で大きなチャレンジはありましたか?
天野:今やってる採用活動がいちばん大きなチャレンジかなぁと思います。前の会社でも採用活動はやってはいたんですが、会社が違えば全部違うんだなぁって。当時と状況も違いますしね。
現在は社員が全然いない状況からの組織づくりというのが一番の違いかと思います。新しく入ってきた若い人をリーダーとして育てていく事とか、その人のメンタリングをしたりとかも考えないとですから。
ゼロからの組織づくりはリスクや責任もありますが楽しくもあります。


―エンジニアとして、ネクストライブラリで働くことの魅力とは?
天野:2つあると思っていて、ひとつはNAVARまとめがサービスとして大きいところ。例えば、サーバーサイドエンジニアとして入ってまとめを担当すれば、かなり広範囲で色々見れるし様々なノウハウの勉強になると思います。
もうひとつはチャレンジができること。
NAVARまとめって大きいサービスもあるけれど新しいサービスも作っていこうと言って、有言実行しています。
新しいことに挑戦して、仮にそれが失敗しても糾弾されない環境だし、目先の失敗や成功に一喜一憂しない会社だから、そんなにどうこう言われないのかなぁと。

―確かに、チャレンジできるのは魅力だと僕も思います。
天野:「チャレンジする!」って言いながらできない現場ってめちゃくちゃ多いんですよ。「今はお金を稼ぐ時期だから…」って堅実だけどやりたくない事を何年もやらされたり。そういう意味だと、来て即チャレンジ!っていうのはなかなか無いと思います。
あと成功した分は当たり前だけどちゃんとお給料にも反映されます。そうじゃない会社も多いですけどね。

―逆に、課題や変えていきたい部分は?
天野:NAVARまとめはまだ伸び代あるので、そこを伸ばしていきたいですね。そうなってくるとエンジニアにも色々やることあるのでモチベーションも上がるかなと。
あと、主体性のあるエンジニアを採用したり育てたいと思っています。
具体的にいうと、どうすればサービスが良くなるかを自分で考えられるエンジニアです。例えば、新サービスについてだと『完成させる』という今の目標を超えて、リリース後に色々なところを変えて改善しよう!となった時に
エンジニアが「全部企画が決めてください」という一方通行だと動きが遅くなりそうな…。それは微妙だな、と。

天野さんありがとうございました!

ネクストライブラリではエンジニアを募集しております。
興味をもってくださった方は、是非こちらから応募していただければと思います。

エンジニア以外の職種も募集しておりますので宜しくお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ネクストライブラリ

LINEの子会社「ネクストライブラリ」で働く、なっつ&ホーリー&ななみんによるほのぼのブログ。 「NAVERまとめ」を運営している会社です。 https://matome.naver.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。