サークル運営でつまずく。なぜ歩み寄れないのか。


サークル運営で大きくつまずいた。
サークルで何かをやらかしたというわけではない。

幹部のあいだでうまくコミュニケーションがとれていないというのが、私たちの抱えている問題だ。

きっとこんなことなんてよくあることだ。
いくらサークルの幹部だからって、完璧な人が集まっているわけではない。
所詮大学生のお遊び。暇を潰しているだけだ。
それならせっかくだし、みんなで仲良く楽しみたい...そう思っていたが、そんな私の願いは思った以上に儚いものだった。

私たちは大切にしているものが違っていた。
そして、それを知って歩み寄るということができなかった。

私にとっては「集合時間を守る」「前もって準備をする」「後輩が困っていたら先輩が助ける」ことが大切だった。
だから、他の幹部が毎回のように会議に遅刻したり、当日の朝になって「あれ忘れた」ととぼけることが本当に耐えられなかった。

物事をはっきり言えないタイプではないので、それを本人に言いはしたと思う。
でも、そこで少しの遠慮も働いていた。

私はそういう基本的なルールを守ることに対して厳しい環境で生きてきたし、同じような基準で動ける人なんてそうそういないことだって、とっくに知っていた。

いつしか私は諦めてしまっていた。

あんまり言わないようにしよう、と思って、繰り返して、自分の中では悪いものが溜まっていった。

ある日突然、ひとりの幹部から長文LINEが送られてきた。

これまでの不満、自分のつらさ、他の幹部に対する絶望、、、長々と綴られていた。
これまで、話しかけてもろくな返事をしてくれなかったその人が、一気に気持ちをぶつけてきた。

スマホ上で。

私たちは、何が何だか分からなかった。
そんな「テロ」が短期間のうちに、ちょうどいい配分で2回も起こった。

その度に気力を失った。
これまで頑張ってきたことを一気に否定され、改心し、それをまた否定された。


「なぜ直接言わなかったのだろう?」

そう思った。

でも本人もそう思っていたに違いない。

「なぜ直接言えないんだろう?」

その言葉は自分に返ってきた。

#大学生活 #サークル #組織 #リーダー #コミュニケーション

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

のほし

コメント1件

これは決してパーソナルなことではなく、形や程度は違えど、皆同じだと思います。「なぜ歩み寄れないのか?」地球最大の謎です。私は、問題を問題視することをやめてみています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。