自動的に電車を磨くスポンジ

車は大きさが多様だが、電車は、同じ大きさの車両が多い。つまり、画一的に車両を挟むことが容易である。

停車駅の手前の場所に、電車を両側から挟む巨大なスポンジを設置し、車両を自動的に磨かせる。車両のどの箇所が磨きやすく、また磨きにくいのかは実験次第だが、最も外側にある側面を中心に磨くのが、初期段階になるだろう。

実現できれば、車両は常にピカピカであり、磨く作業から人が開放される。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。