見出し画像

いつか色の付いた日常は戻ってくるのだろうか

約2年前、僕にとって1番大切だった人がいなくなったあの日から、日常に色がなくなってしまったように思う。

あれから、少しでもまともな人間になりたくて、もがいて、毎日必死に生きてきてきた。

毎日、毎日本当に辛かった。

仕事の休憩中、外でぼーっとしていたら、気づいたら泣いていた。

こんなに毎日必死になって、本当に意味があるのか。

いっこも報われねえじゃねえかくそが、

だったら、いっその事、こんな生活は辞めてしまえばいい。

でも、ここで辞めてしまったら、ここで諦めてしまったら、もしあの子にまた会えた時、何も変わってないと思われてしまう。

会える確率なんてほんと微々たるもんだけど。

でも、少しでも、微粒子レベルでもその確率が存在しているなら、と思ってしまう。

何より、ここで諦めてしまったら、今までの自分を自分で否定してしまうみたいでなんか嫌だから。

いつかやってくると信じている "その日" のために。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

社会人になれない。

もう無理でしょうか。そんなことないのでしょうか。わかりません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。