素晴らしい1日

温かい風に包まれると涙が出そうになったので、プンプンは目を閉じました。 

・・・今日はひとまずそれでいいでしょう。 

おやすみ、プンプン。

(~おやすみプンプン6巻 P198より~) 

 
 
 

土曜日。
とても体調が悪かった。
鉛のように体が重かった。

その日は、帰宅したあとの事を覚えていない。
 
 

その夜、夢を見た。 
目の前には年老いたライオン。 
 


空を飛びたいとお願いされた。 
どこへ行くつもりなのか聞いてみたら、くじら座のタウ星にある惑星まで行きたいらしい。 
距離にして地球から12光年ぐらいか。 
 


耳から水素を入れていく。 
老ライオンの顔がまるで風船のように膨らんでいき、空高く舞い上がる。 
どんどん高く舞い上がり、やがて老ライオンは見えなくなってしまった。 
 

目の前には、使い古した暗闇が永遠に広がっていた。 

 
 
 
 


破裂音。 
 

 
 
 


不思議に思ってしばらく見上げていたら、ちろりちろりと流れ星。 
それらはやがてバラバラと落ちてきて、激しい雨のように降ってきた。

僕は取り返しのつかないことをしてしまったと思って、何だか哀しくなった。
動くこともできずに、ただただじっとそこに佇んでいた。 

 


夢から覚めたら、明け方だった。 
どうやら寝てしまったらしい。 
さてさて、楽しい連休最後の日曜日の始まりだ。 
 

テレビをつけたら何かがおかしい。 
休日特有の、ゆるくソワソワした感じがない。 
 
 


・・・。 

 
 


体の節々が痛く重い。 
どうやらあの日のあと、高熱が出てで寝込んでいたらしい。 
つけたばかりのテレビの中には、堅い雰囲気のおじさんがいた。 
おじさんは、神妙な表情でいう。 

 
  

 

5時台のニュースです。 
 
 
 
 
 


このやり場のない怒りをどこにぶつけようか。 
 
 
 
 


ああそうか。 
そういうことか。 
きっとこれは夢なんだ。 
 


きっとテレビの中から、この世の不幸をかき集めた、どす黒い液体が染み出してくるんだ。 
そして、それは少しずつ僕の体を染めていくんだ。 
あとちょっとしたら、神様が出てきてこう言うに違いない。 

 


「おはようプンプン」って。 

 


しばらくぼんやりしていたけど、神様が出てくる気配もなければ、自分の中の何かが目覚めることもなかった。 
 

今日は月曜日。 
辺りはしんと静まり返っている。
 

また素晴らしい1日が始まるのか。 

 
 
 
 

今日も僕は元気です。 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

入道雲を見ると、昔を思い出して、鼻の奥がツンとします。
2

ニチニチ

ゆるゆるゆる。 何となく、何気なく、さりげなく。 子供のころに感じた空気感を、大人になった今では感じることが少なくなってしまった。 今でもふと、お日さまのにおいを感じることがある。 そんなとき、子供の自分に触れた気がして、嬉しくなってしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。