8.1円

僕には古い友人がいる。
 

理不尽な仕事のトラブル。
ギチギチに予定を詰め込んだ休日。
ぼーっとする時間が取れない日が、長らく続いたとき。
ひとりの時間が持てない日が、長らく続いたとき。

そんなとき、必ずと言っていいほど、僕の中でインターホンが鳴る。
 



そして、その古い友人は、画面越しに爽やかな笑顔で立っている。
そして、その古い友人は、デリカシーなく、土足で踏み込んでくる。
 
 

ああ、君か。
最近よく来るね。
調子はどうだい。

 

薬箱に手を伸ばす。
例のロングセラーの頭痛薬。
その薬の半分は、やさしさで出来ているらしい。

いつもお世話になっているAmazonさん。
80錠で1299円で売られていた。

その優しさは、1錠あたり10円にも満たなかった。
でも案外、世の中のやさしさは、それくらいの価値でいいのかもしれない。

やさしさにも色々あるし、それはすごく難しいことだけど。
小さなチョコ程度の、やさしい気持ちをポケットに忍ばせて。

 
 

もし、泣いている人や、困っている人がいたら、そっと渡そうと思う。

 
 


でも、いざとなると、とまどってしまう。
結局それができずに、そのあと少し落ち込んで、また少しだけ前を向く。
 


大人になったはずなのに、いまだにうまくできてない。
 
 

僕は、いつまでたっても、うじうじしている。
そんな弱い人間です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

優しさをひとつ感じると、次はふたつ誰かにあげようと思えます。
3

ニチニチ

ゆるゆるゆる。 何となく、何気なく、さりげなく。 子供のころに感じた空気感を、大人になった今では感じることが少なくなってしまった。 今でもふと、お日さまのにおいを感じることがある。 そんなとき、子供の自分に触れた気がして、嬉しくなってしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。