東京

仕事で東京に行くことが多い。
 


東京は、やっぱり人が多くて。
東京は、やっぱり景気がよくて。
東京は、やっぱり夜が長くて。
東京は、やっぱり日本の中心なんだと実感する。 
 

東京に頻繁に行くようになって、ずいぶんたつけど。
 
 

いまだに、道を間違えるし。
いまだに、電車に乗り間違えるし。
いまだに、バスを乗りこなせない。
 

僕は、いまだに東京に馴染めないでいる。
 

美味しいと思うワインは、だいたい値段が安いもの。
すこし高めのブランドものは、やっぱり自分には似合わない。

お洒落で洗練されている場所は、何だか居心地が悪く感じてしまう。
ひとりで外食をするのが苦手で、気の利いた行きつけの店もない。
 
 

相変わらず、人見知りな自分。
なのに、人情味溢れる下町の雰囲気が好き。

店先のお総菜の香りと共に、ゆるい空気がだらりと流れてくる。
ところどころに、バブル時代の活気の残骸が散らばっているのを見つける。
それは、時がたつにつれて、戻れない切なさへと変化しているようだった。


そんなゆるい空気感がとっても落ち着くけど。
優しく声をかけられるたびに、少しとまどってしまう。

昔から変わっていない自分。
今日もまた、ひとり東京で迷ってしまう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

優しさをひとつ感じると、次はふたつ誰かにあげようと思えます。
5

ニチニチ

ゆるゆるゆる。 何となく、何気なく、さりげなく。 子供のころに感じた空気感を、大人になった今では感じることが少なくなってしまった。 今でもふと、お日さまのにおいを感じることがある。 そんなとき、子供の自分に触れた気がして、嬉しくなってしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。