神モード

気を付けろ。
Gが出るぞ。 
 

油断するな。
Gが出るぞ。
 

気付いた頃にはもう遅い。
奴らはどこからともなく忍び寄る。
 
 
 

奴らは、そこにいるんだ。
 
 
 
 
久々に、キッチンにGが出た。
一人で料理を作っていたら、唐突に上から落ちてきた。
 
普通なら、ビックリするのかもしれない。
でも、僕は全く動じない。
それは、昔実家に住んでいたときに頻繁に出現していたからだ。
だから、驚異的なG耐性を持っているのだ。
 
 
 
 

 
Gとの戦に関しては、私を神と呼んでくれたまへ。
 
 
 


 
彼らの歴史は古く、2~3億年前から地球に住んでいるらしい。
そう考えると、少しはリスペクト出来るのではないか。

人類との同居は、火を使い始めた頃からと言われている。 
人類の進化は、果たして良い時代を構築するのだろうか。
もしかしたら、多少不便なぐらいが幸せなのではないだろうか。
 
 

 
ブロックチェーン。
仮想通貨。
AI。
5G。
 
 

 
人類の進化は、科学の進化の賜物である。 
もう、科学の進化は止まらない。
一体、科学は我々をどんな未来に連れていくのだろうか。

 

そんなことを考えながら、神モードになった僕は逃げ回るGを追う。
進化論でのリスペクトはあるけど、残念ながら出会ってしまったから。
 

 
それにしても素早いな。
Gも進化しているのか。
それとも、僕が退化しているのか。
 
 


Gの素早さにあっさり白旗をあげた神。
仕方ない。
最終兵器のスプレーをばらまく。
 
 
 
 
はっはっはっはっは。
 
 

 
 
こうして、Gと人類の戦いは幕を閉じた。
そうだ。
人類の完全勝利だ。
 
 
 
 
 
 
束の間の勝利の余韻に浸ったあと、気付いてしまった。

 
 
 
 
 
 
そういえば、戦場はキッチンだった。
 
 
 
 
 
 

折角、時間をかけて作ったのに。
戦いの最終兵器による汚染が広がってしまった。

 
 
 


神は、ちょっぴり文明を嫌いになった。
 
 
 
 
 
 
 
神は3分待っている。
出来上がったカップヌードル(シーフード味)を噛み締める。

 
 
 
 
 
 
メチャクチャ旨いじゃないか。
 
 
 
 

 

神は、やっぱり文明を好きになった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

料理を作りながら、昼間から飲むお酒が最高です。
5

ニチニチ

ゆるゆるゆる。 何となく、何気なく、さりげなく。 子供のころに感じた空気感を、大人になった今では感じることが少なくなってしまった。 今でもふと、お日さまのにおいを感じることがある。 そんなとき、子供の自分に触れた気がして、嬉しくなってしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。