ともだちのともだち

手紙を書いている時間が好きだった。
正しくは、手紙に何を書こうか考えているときが、好きだった。
 

遠くに引っ越してしまった、大切なともだち。
とりとめのない話。
渡せなかった、誕生日プレゼント。
 

自分の曖昧な記憶を両手ですくい取る。
あのときは、毎日が書ききれないほどだった。
伝えきれないほど、色々な発見があった。
 
でも、お互いに距離がありすぎて。
いつしか、すくった記憶は、手のひらからこぼれ落ちていった。
そして、またひとり疎遠になっていく。

 
 
 

 
E-mail
LINE
Twitter
Facebook
Instagram

 
 
 

便利な世の中になって、相手との距離が近くなって、遠くなった気がする。
 
 

ともだちのともだち。
その辺りが、いまだによくわからないし、いまだにしっくりこない。

 
 

大人になった今では、手紙を書くことは少なくなってしまった。
きっと、昔よりも少しは上手になっていて、書けることも多いはずなのに。
 
 
 

もともと、ともだちと呼べるような人は極端に少ない方だけど。
 
 
 

大人になるにつれて、ともだちは減っていく。
代わりに、ともだちのともだちが増えていく。

 
 
 
 

いざとなると、何を書いていいか少し悩む。
何も書くことがないような気もする。

 
 
 

夕暮れの開け放たれた窓から、気まぐれな夏風が遊びに誘う。
いつものように、風鈴が涼しげに戯れる。
 

彼らは、ともだちなのだろうか。
それとも、ともだちのともだちなのだろうか。
 


そんなことを考えていたら、いつの間にか1日が終わりかかっていた。

 
 
僕の夏の手紙。
そこには、ただただ真っ白な世界が広がっていた。
 
 
 
 
 

 
 

暑中お見舞い申し上げます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

頑張りすぎない方が、頑張れる気がします。
4

ニチニチ

ゆるゆるゆる。 何となく、何気なく、さりげなく。 子供のころに感じた空気感を、大人になった今では感じることが少なくなってしまった。 今でもふと、お日さまのにおいを感じることがある。 そんなとき、子供の自分に触れた気がして、嬉しくなってしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。