正解

僕は、本当は超絶的な平和主義者だ。
この世の中から、競争なんかなくなってしまえばいいと思う。
でも、人生には戦わなければならない場面が多々あるわけで。

僕らは、それぞれの立場の正義のために、戦っている。
僕も、平気な顔をしているけど、本当は震える足を叩きながら戦っている。
 
 

何が正解かなんて、きっと誰にもわからないと思うんだ。
 
 


僕らは位置について、横一列に並んでスタートを切る。
出遅れたり、転んだり、ぶつかっている人。
そんな人たちを見て、内緒で小さくガッツポーズしたりする。

やがて、一本道のその先に、海が見えてくる。
目の前には、先が見えない程の、暗く大きな海が広がっている。

僕らは、少しためらいがちに、その暗い海に飛び込んでいく。
 
一度海に飛び込んだら、ひとところには留まれない。
沈んで溺れてしまわないように、精一杯もがいていく。
 

 

光。
 
 

手を伸ばす。
やっとつかんだ。

そう思った瞬間だった。
手のひらの中の小さなその光は、指の間からこぼれてしまう。
指からこぼれだしたその光は、瞬く間に暗い海に吸い込まれて、やがて消えてしまうんだ。

 
 

陸に上がる。
ひざを抱えてうつむく。
風にのって、遠くの方から歓声が聞こえてくる。

 
 

今度こそ。
そして、またひとり、正解のない海を泳いでいく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

たまに自分の人生を読み返したくなります。きっとほとんど忘れているから。
2

ニチニチ

ゆるゆるゆる。 何となく、何気なく、さりげなく。 子供のころに感じた空気感を、大人になった今では感じることが少なくなってしまった。 今でもふと、お日さまのにおいを感じることがある。 そんなとき、子供の自分に触れた気がして、嬉しくなってしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。