罪人

ねぇ 明日 しんでしまおうかしら
もどかしいこと全てのあてつけに 

君の心ゆれますか? 
ぼくのことで後悔してくれますか?

~スガシカオ~





私は殺されたのです。 
あの男に。 
私は殺されたのです。 

みなさんは死んだと思われるかもしれませんが、私は殺されたのです。 
だから、道連れであの男の大切なものを奪ったのです。 
そもそも、何も知らずに私に大切なものを預けていたあの男が悪いのです。 

私は殺されたのです。 
あの男に。 





あの男との付き合いは、約9ヶ月といったところだったでしょうか。 
今思えば、厳しい男だったと思います。 
私を過酷なまでに働かせていました。 



最初は私も働きました。 
必死になって働きました。 

自分が必要とされているのですから、働きました。 
当然のことだと心得ております。 
けれども、あの男は休みなく働かせるのです。 

私は、早々不安に駆られました。 
この先のことが心配になったのも事実です。 
でも、この時はまだ、自分が殺されるとは思ってもみなかったのです。 

とにかく、がむしゃらに働きました。 
何たって、私は若いですから。 
それに甘んじるかの様に、あの男は私を酷なまでに働かせたのです。

暑さも一段落して紅葉も美しく、過ごしやすい季節でのことでした。






あれは、ちょうど5ヶ月目になった頃でしょうか。 
相も変わらず、酷く働かされていました。 
あの男は、私をモノとして扱っていたようでした。 
当然のような顔をして。 

私の働きに対する見返り? 
そんなものはありません。 
私は、あの男に奉仕し続けました。 
それが私に与えられた役割なのですから。 

あの男は、最初から利用するために私を選んだのです。 
それは私も承知していました。

過労気味でした。 
この頃から徐々に私の体は傷だらけになっていきました。 

このままでは殺されるかもしれない。 
徐々にその不安が姿をあらわし始めたのです。 
ひょっとしたら、私にはもう時間が無いのではないかと。 

寒さの厳しさの残りが続く、静かな季節でのことでした。 





私の体は、限界でした。 
私の華奢な体は、度重なる重労働には耐えかねたのです。 

前々から自分でも調子が悪いことは分かっていました。

あの男は、私の変化には気付かない。 
あの男は、私には興味が無いのです。 
私の仕事にだけ、興味を示すのです。 

どうする術もなく働きました。 
とにかく働き続ける日々の繰り返しでした。 
私の命は、秒単位で削られていっていたのです。 

寒さも残りわずかになり、柔らかな日差しが恋しくなる季節でのことでした。







私は、いつ死んでもおかしくなかったのだと思います。 
いつものように、あの男は私を働かせました。 
いつものように。 

いつものように、あの男のPCからある曲が流れてきました。 
それは、あの男の一番好きな曲だったと記憶しております。 

ゆったりとした曲のイントロが流れた時、私の中で何かが消えていきました。 
それは、何だか心地よいものであったと思います。 
その時、この妙な心地よい違和感を悟りました。 
私は、自分の命の灯が消えていくのを感じていたのです。 

あの男のPCからは、ようやく最初のフレーズが流れてくるあたりです。 
私は、最初のフレーズを聞きながら死んでいったのです。 
でも、最期にあの男の大切なものを道連れに出来たのですから、良しとしましょう。

初夏を思わせる気持ちのいい季節でのことでした。





PCの前で、男が軽く舌打ちをした。 
PCから流れてくる心地よいメロディとは反対に、心の中は落胆の色で染まっていた。


何とか蘇生を試みるが、一向に回復の兆しは無い。 


まさか。 
こんな早くに逝くとは。

確かに、最初から違和感はあった。
男の心の中では、ただただ後悔の念が渦巻いていた。 

ちゃんと素性確認と体調管理をしておくべきだった。 
呆然と立ち尽くす男。
目の前には、華奢な亡骸が横たわっていた。


初めて見たときから、違和感があった。
嫌な予感がしたけど、そんなはずはないと自分に言い聞かせ、働かせた。
確かに酷使はしたが、これ程までに早く逝くとは思わなかった。

男は、少し考えてから思った。


次の子は、ちゃんとを選ぼう。


そう思い、男は忌々しげに、逝ってしまったその亡骸をじっと見つめた。 









6月21日 未明 

microSDカード(256GB)   享年9ヶ月 

国籍:不明
死因:過労死 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

優しさをひとつ感じると、次はふたつ誰かにあげようと思えます。
2

ニチニチ

ゆるゆるゆる。 何となく、何気なく、さりげなく。 子供のころに感じた空気感を、大人になった今では感じることが少なくなってしまった。 今でもふと、お日さまのにおいを感じることがある。 そんなとき、子供の自分に触れた気がして、嬉しくなってしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。