見出し画像

北京留学10日目~中国でナプキンを買ってみた

生理になりました。日本から持ってきた使いなれたナプキンがなくなりそうだったので、近くのスーパーに行ってナプキンを買います。

好きなナプキン

私はいつも有村架純が宣伝しているエリエールのelisと夜は超熟睡の360。羽根つきがマスト。羽根つきって書くと餃子みたいだな。elisは安いし安心できるし、超熟睡はマジで安全な感じが良い。
絶対!安心!漏れない!ずれない!がっちり守る!って感じが好き。経血が多くて一気にドバっと出ちゃうこともあるから、しっかり吸収してくれるやつが良い。もう7年くらい?いろんな恐怖や痛みと戦ってきて、毎月の苦しみをどうやって乗り越えるか習慣がついてきたからここで新しいナプキンにするのはちょっと抵抗がある。でもないので仕方ない。買うぞ。

ナプキン@スーパー

画像1

スーパーの生理用品コーナーはナプキンがいっぱい。日本もこんなにあったかな、とよく覚えてないけれどこんなになかった気がする。日本のメーカーも売っているけれど、せっかくなので中国のナプキンにしようと思うけれどどれが良いのかわからない。とりあえず買おうと思って片っ端から説明を読んでいく。昼夜どっちも使えるとか、綿でできているとか、そうじゃないとか、もはやナプキンではなくておむつみたいなやつで超安心とかいろいろあった。日本のナプキンはちょっと高めに売られていて25元ぐらい。中国は10個で9元とかで安め。日本のナプキンって、私はすごく安心する。何度も見てるからかな。でも買わない。

極薄ばかり

画像2


なぜだろう。極薄ばかりである。
中国のメーカーのナプキンはどれも「極薄」とか「超薄」とかが書いてあって、私の好きなもこもこしっかりガードみたいなやつが見当たらない。だからと言っておむつはめんどくさいので仕方なく薄いけど長いやつにした。普通ってないの?みんな薄いのが好きなの?

薄すぎじゃろ

画像3


購入したのは恒安集团という会社が作っている七度空間の100%純綿。夜用はこれも恒安集团の安尔乐の超薄防漏。優しそうだし、めっちゃ守ってくれそうな名前。薄いってどっちもパッケージに書いてあるけど。実際に開けてみると、ふわ~薄い。


使えたけれども

画像4

いざ開けてみると、どっちも羽のところにテープみたいなのが付いている。それをはずすと羽が使えるから、羽がぐっちゃになる心配は減る、みたいな。そして100%純綿は245ミリ、超薄防漏は420ミリでかなり長い。センター部分が吸収が良くなっているので、漏れたり動いてずれたりするなんてことはなく安心して使えた。これが生理開始の1、2日目くらいだとどうなるかはまだわからないので、また追記します。

他のナプキンも試してみたいな。そういやMINISOのナプキンはナプキンらしくない見た目だった。それも極薄だけど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ちょろい女子大生の川添理来です。

谢谢!ありがとうございます~!
3

川添理来

かわぞえりくです。ちょろい女子大生です。赤裸々です。今は中国に留学中です。

北京留学マガジン

2019年9月から人民大学にて留学中です
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。