安野ニツカ

丹の枝 /nienoedda /安野丹束の語ること/笑うのがすき/本は児童文学を中心にヒラヒラと/遅読家/右手に過去、左手に未来な紙の本派/おいしいはしあわせ/書くのは読書感想文とエッセイ、たぶん

フリードリヒを回顧する

さて、先日、『あのころはフリードリヒがいた』を読了致しました。思うことは色々あるのですが、とにかく、わたしの頭の中は疑問符でいっぱいです。 隣人をその人種や宗教...

みどりのゆび/モーリス・ドリュオンを読んだときチトの頭で考えたこと

あんまり純粋な物語なので、いまわたしのこころのなかは、チトが入っていった雲のように柔らかで白くて清潔まっさらです。 なんだかシーツかお布団の宣伝みたいですね。 ...

双極性障害という体質は

ラミクタール、という薬を飲んでいる。 現代の錠剤は基本的に色も形も味もシンプルに白、丸、無味無臭なものが多いイメージだが、そう古くないイメージのラミクタールは、...

下町のナポレオン

「え、それ買うの?」 と声をあげたのはわたしである。 仲良し5人組が、今となっては思い出せない何かの理由で、夕飯とケーキを食べるという会の、買い出しでのことだ。 メ...

映画『トールキン』を観て全身のオーラが全開になってわたしはいま無敵

試写会が当たったので、一足早く映画『トールキン』を観てきました。 映画の出来は、人生で一番尊敬する人であるトールキンへの思い入れが強すぎて評価しづらいんだけど、...

おお、こころの姪よ!

両口屋是清の旅まくらは、中部地方出身であるミツ子の好物です。わたしも久々に口にしました。 まあ、歯茎が溶けそうなくらい甘いこと!原材料表示を見ると、多い順にお砂...