Goldener Oktober, Goldener Herbst

10月15日の日曜日、ベルリナーな友人の案内で、ベルリンとブランデンブルク州の境の小さな街までサイクリングに行って来ました。

ドイツ語には"Goldener Oktober"もしくは"Goldener Herbst"="金色の10月"、"金色の秋"という言葉があるそうです。
金曜日の天気予報でも「週末はGoldener Oktoberを楽しむことができるでしょう。」というコメント。まさにその通りで、街路樹はきれいに色づき、風も心地よく……自転車を走らせているだけで幸せな気持ちになる気候でした。

旧ベルリンの壁沿いに1時間ほど自転車を走らせて、住宅街を抜けるといきなりパッと開けた土地に出てきます。「いったいここはどこ?!私は本当にベルリンに居るのか?!」という気持ちになるくらいに牧歌的な風景…。

そこからまた、自然保護地区になっている森や湿地?沼地?の中の遊歩道を通り抜けて、旧西ベルリンの位置にあるLübarsという街に到着しました。

住宅・学校・教会・役所・レストランなどが全てひとつの場所にコンパクトに収まっている小さな街ですが、同じようにサイクリンやハイキング・散歩をしつつ休日を満喫している人たちで賑わっていました。
私も友人とカフェのテラスで太陽の光を浴びつつのんびり休憩…。こんなに雲ひとつなく晴れて、外に出るのが気持ちいい日は今年最後かもしれない…という貴重な一日を余すところなく楽しむ事ができました。
※家に到着する10メートル手前で自転車がパンクする…というハプニングはありつつ!(サイクリングの道中じゃなくて運が良かった…)

◇ ◇ ◇

ちなみに下の写真は、Lübarsにあった1934-35年頃から現役らしい電話ボックス(電話自体は、現代のものが設置されていました)。日本でも姿を消しつつある電話ボックスですが、ドイツでは黄色なんですね。

"Goldener Oktober"にすっかり溶け込む姿…

◇ ◇ ◇

往復約25kmのサイクリング、平坦なベルリンなので体力的にも無理なく走れるのが嬉しいです。そして、スタート地点からLübarsという街に向けて自転車を走らせたルートは、ちょうどベルリンの壁を警備する際に使われていたアスファルトの細い道路…というのもまた、歴史の上に生きていることを実感します。

ベルリンの過去と現在の姿を、またひとつ知ることができました。

◇ ◇ ◇

Lübarsについての動画がありました(ドイツ語):
Spaziergang von Lübars nach Hermsdorf (www.rbb-online.de)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

目に留めていただいてありがとうございます!

興味を持っていただけてとても嬉しいです!
18

notes

【Halló journal online】ベルリンを中心に、その他旅した場所についての記録です
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。