最近『成果を出している人』の共通点

おかげさまで、最近『成果を出している人たち』と一緒に仕事をしたり、食事に行ったりする機会が増えてきました。著者の方々やフリーランスで活躍されている方々、SNSでブイブイいわしている方々などなど(笑)・・・いつも多くの気付きを与えてくださる方々なので、本当に有り難く思っております。この場をかりて御礼申し上げます。

さて、そんな方々と普段コミュニケーションを取っている中で、いくつかの共通点があることに気がついたので、その共通点についてつらつら書いていきたいと思います。みなさんもどれだけ自分に当てはまっているのか、チェックしながら読み進めていってもらえると嬉しいです。さてスタートです。



①何ごとにも好奇心がある

常に何かを探している(求めている)ような感じで、特に世の中の流行りものにはめっぽう強いイメージです。何事も"まずはやってみよう"という前向きな精神で取り組まれている方が多く、その中で"情報収集"が重要になってくるので、ガジェットツールを使いこなしている方が多い印象です。この"知りたい"という純粋な欲望こそが"好奇心"だと言えますし、"好奇心"のあるなしによって、自身の今後の成長率に大きく影響を及ぼしてくるとさえ思います。特に、私のようなクリエイター(デザイナー)の場合、珍しいことや未知のことに興味を持てないと、アイデアやデザインにおける着想の幅が狭まってしまうので要注意というわけです。厳しい言い方かもしれないですが、この"好奇心"が少ない方は、クリエイターとしては不向きといっても過言ではないと思います。


②楽しそうに話をしてくる

"①の好奇心"があるがゆえ、という部分もあるかもしれないですが、やはり楽しく笑顔で話をしてくれる方が多い印象です。一緒に話をしていても、こちらが本当に楽しくなってしまうレベルにまで引き上げてくれます。基本的に『自分だけではもったいないので、相手にも伝えてあげよう』というサービス精神で溢れているように思います。単純に話し方が上手いとか下手ではなく、引き込まれるような雰囲気を出しつつ話をされているのも特徴です(言葉ではなかなか伝わりにくいですが…)。特に関西人の方(自分も含みます)は、基本的におしゃべりが大好きなので、楽しそうに話をしてくる人は、特に関西の方が多いのかもしれません。


③惜しみなく教えてくれる

基本的に"サービス精神旺盛"で、懇切丁寧にわかりやすく、情報やノウハウを惜しみなく提供してくれます。しかも、お金が発生するような内容でも無料で教えてくれたりします。有り難い話、これでもかというぐらい(お節介なぐらい)まで、教えてくれる人までいます。そして、基本的には"相手の役に立てることはないか"ということを常に考えて、GIVEの精神を持って行動されているように思います。私もこのあたりは特に意識していることで、教えてもらおうと思ったら些細なことでもいいので、まずは教える(相手に尽くす)ことから始めてみることをオススメします。そうすることで、相手から次第に信頼や信用を得ることができるようになると思います。何でもそうですが、あくまでこちらからが先でないと何も始まらないと思います。


④レスポンスが良い(早い)

とにかくびっくりするぐらいレスポンスが早いです。成果を出している人であればあるほど早いようにも思います。特にメール(メッセージサービス)のやりとりに関しては、もはやチャットのようなやりとりの中で、物事が決まっていきます。加えて、判断するスピードも早いということが言えます。目の前でポンポンと前へと進んでいく過程を見ていると『こちらも早く反応しないと』という気持ちにさせてくれます。決めることは早く決めて、次のタスクに取りかかろうとする心構えは、いつも心地良さすら感じるほどです。私がやっているレスポンスを上げるコツとしては、メールの場合"メッセージを見たら、その場ですぐに返信する"というのを意識しています。これを意識するだけで、かなりレスポンスは高くなると思いますので、是非試してみてください。


⑤人の悪口を言わない

"できない"と言わず、"できる方法を考える"といったマインドを持っている方が多い印象です。つまり、建設的に物事を考えることができるので、自分の中にも悪口も言う体制が整ってないのです。そもそも人の悪口を言うということ自体が良くないことですし、何より自らネガティブな言動をとること自体、精神衛生上良くないことだと思います。理不尽なことも多い世の中ですし、悪口を言いたくなる気持ちもわかりますが、ここはグッとこらえて前向きな発言にに変換していくべきだと思います。私は"人の悪いところを見るのではなく、人の良い所だけをフォーカスする"ように心がることで、悪口を言うことが格段に減らすことができましたのでオススメです。


今回は、Twitterで評判だったこちらのツイートを解説してみました。これからは、Twitterの文字数(140文字)では表現しきれないものは、このような形(note)で解説していきたいと考えています。

さらに、みなさんの質問に答えていくような形式のnoteも始めていきたいと考えていますので、こちらの質問箱からもドシドシメッセージをいただけると嬉しいです!あと感想なんかもコメントでいただけると泣いて喜びます!

よろしくお願いいたします(_ _)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださりありがとうございます! サポートいただいたものは、飼っている犬のミーちゃん(♀)のご飯代として、大切に使わせていただきます!(^_^)

シェアしてもらえると飛び跳ねて喜びます!
67

上司ニシグチ

クリエイティブディレクター / グラフィックデザイナー。企業のブランディング、セールスプロモーション、デザインコンサルティングが主戦場。ストーリージェニックな名刺をデザインするのが得意。上司がいないクリエイターのためのオンラインコミュニティー「オンライン上司」を主宰。

nishiguchi

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。