チョコレート考 - 板チョコとボンボン

チョコレートの中に、射し込む、あるいは立ち込める、闇や蠱惑や、はっとするような可愛げ。大好きです。私はボンボンより板チョコに満足をもらうことが圧倒的に多いのですが、これについて心彷徨うままに考えてみました。(打率を考えたところで、いずれかを捨てることなどいたしません、愛・・・♡)

板チョコ。まず、形状からして直球。至らせるべき満足へスッと伸び、我ら踏みしめるべき道かのようです。確かめたければどんどんと進み(バリバリと食べ)、それを遮る何物も無い。潔く明確であるという性質は、なんという優しさでしょう。「私への誘惑あるやなしや?」「好き」「あなたのことはそれほど」、いずれも、ズドン!直ぐわかる、直ぐ昇れる。

対してボンボン。例えば、容姿も調えられ会話もトピック豊富、けれどそれ以上関わるトリガーが見えてこない人物とか。「命ある複雑と装飾過多は千里の隔たり」と、眺め終わりに胸やけする観光名所とか。ややや!全てのボンボンがそうであるわけなんかは絶対に無く、只、そんな後味もあったかなぁ、なれば「ボンボン?好きだよ♪」と一概に言えるだろうかと、考えてみるだけなのです。

知っています。ボンボンが羽ばたく時の、えげつない風圧・衝撃。

要素の複雑が、すべてしっくりと座る時、それはもう、前に立つ人を力強く掴む絵画に等しくて、又は綿密に仕組んだ華やかなモヤモヤの中に全て抱き込む香水の名作にも等しい。一瞥と、無形の一瞬と、一舐め、それらは同じ秘密に人を迷わせる事があると思い知り・・・、嗚呼世界には馥郁への扉がいっぱい・・・!

しかし言わずもがな。それは、頻発の事象ではあり得ない。複雑な作為を編み上げることで成るクリエイションはきっと、強度について「素材を活かす。」という自然の部分が相対的に減っていくがゆえ、勢い「人の起こす奇跡。」というジャンルにならざるを得ないのではないでしょうか?干渉の仕方こそセンス、でも干渉を必然へと高めるって、ちょいちょい出来るなら神ですからね。

企てと彩りの多きは豊かさか濁りか。比してシングルオリジン系板チョコなんて、モノトーンの凄み的な佇まいありますし。

愛が愛が!愛が昂ったので、チョコ買いに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

長谷川二時

個人的見解です🙃

1つのマガジンに含まれています

コメント1件

ボンボン派です。ボンボンボン。
読んでて美味しいなぁ。いいなぁ、

というスキです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。