見出し画像

給与の在り方

年功序列...
経験年数...
家族構成...
能力...
投票制...
みんなで分ける...
今まで色々なカタチを試みてきた。

中々シックリこないのが結局は「不平等に対する不満」
そこに応えようとしていると変なスパイラルに入る感がある。

そもそも働きとお金はイコールにできるのだろうか。
そもそも完全な平等なんてあるんだろうか。
永遠に答えはない気がする。
そういうところに目を向けないで
貢献=喜び=感謝のサイクルに結びつけられたらいいなぁ。

ずっと頭の中にあるBowLらしい給与の在り方
お金から解放されて循環に向けて
新年度新たなアプローチでトライします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ニカ

(株)BowL代表取締役CEO 沖縄にて民間系リワークを2013年に起業
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。