見出し画像

自分(nika)とゲーム実況

  どうも、nikaです。ご覧いただきありがとうございます。
今回の記事はスマホから投稿しており、使い勝手なども確認するテストも兼ねています。自分がよく参考にする経営者・実業家の方々はスマホ主義が多いので、どんなものなのかしらん、と思ってまして…。

  本記事のテーマは実況動画についてですが、流行りを追う内容ではなく、自分がどうして興味を持つようになったか、という原点をお伝えしようと思います。
あまり動画内ではその辺りの話は触れていないので、この様なツールでお伝えできるのは便利ですね。

キッカケはプレイできないゲームの内容を知るため

  普段、私の動画投稿は多くの編集をしているため、『面白い動画を見て、影響を受けている』ように感じられるかも知れません。しかし、私がゲーム実況を見始めた理由は『プレイできないゲームがあるから』というのがキッカケでした。

  この"プレイできない"というのは、金銭面などではなく、生理的に無理、となってしまうジャンルがあるワケです。本当に昔から『サイコホラー』など、精神的に人へ訴えかける作品が苦手でして、どうにもプレイできません。作品名で例えるところ、『サイレントヒル』『サイコブレイク』『デメント』が該当します。

  ホラーも苦手ではあるのですが、プレイはできます。ただ、ジャンル:サイコ〇〇は、その作品から漂う異質な"狂気"あたりが自分に染み込んで、情緒不安定になってしまいます。漫画:ソウルイーターであった台詞のように、『狂気は伝染する』あの感覚に似ています。大袈裟かも、知れませんね…。

ゲーム好きとして、どうしても作品を見てみたい

  媒体が小説であっても、想像豊かに物語を脳内変換してしまうので危うい(その分、楽しめている)ワケですが、自身でプレイする事により作品へ感情移入してしまいやすい私ですので、『楽しむ』事からは遠ざかってしまいます。しかし、よりにもよって考察が複雑になりやすいゲームストーリーを好むと言う矛盾体質なので、どうしても内容は知りたい…、その悩みを解決してくれたのが、ゲーム実況でした。

  多分、人生で初めて実況動画を見たのが、『outlust』(ガッチマンさん)だと思います。(話の流れから良さそうな気もしますが、ホラーなので閲覧はお気を付けください。)精神病棟、のちに自分好みの花嫁を作り出すサイコ野郎がでてくるイメージが強く残ってるので、間違い無いと思います。本当にビックリするほど淡々と本編を進めてくださるので、見やすいですよね。この次が『ALAN WAKE』を配信で見ます。
  この事から、何らかの機会で配信を見て、配信される方にも興味を持つ、その人がどんな作品をプレイしてるんだろう?と、結果ゲーム知識に対して知識が増えていく。ゲーム実況を通じて得る情報量はたくさんある事に気づいたワケです。私の実況動画配信を見始めたキッカケは、そんなところからでした。

  と言うところで本記事は締めます。…うーん、文字を入力する分には何も困らないですが、太字にしようとしたりすると不便ですね。でもソコはちょっと、iPhone5(sもつかない)ユーザーに言われたく無いよ!ってところでしょうかね〜…、スマホ、変えないと。。買えないのだけど、ね。。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2
動画の編集にチカラを注いでいます。【映像美よりもテンポ重視!】 :現役フリーランスで動画制作と編集を月30~40本対応、たまにYoutubeでゲーム実況してます。: note→編集作業を細かく研究した記事や、気になったゲーム記事をまとめております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。