Yoko Nishida

UIUX Designer / Edtech / 📕著書『UIデザイン みんなで考え、カイゼンする』https://www.amazon.co.jp/dp/4844368591

Quipperに入って3年経った

そろそろQuipperに入社して3年になる。印象深かった出来事を振り返ってみよう。

どんな会社?

教育系の事業会社。元々イギリスで創業されたスタートアップで、2015年にリクルートが買収。日本国内ではスタディサプリ、海外ではQuipper名義で教育サービスを展開している。

最近やってること

ここ2年くらいは、主にスタディサプリ for TEACHERSという学校教師向けプロダクトのUI/U

もっとみる

UIデザイナーが本を書いたら

Webサービスの運用・UI改善について考えた「UIデザイン - みんなで考え、カイゼンする」という本を書きました。

今回のブログ記事では、本の企画〜原稿ができるまでの過程を書き記していきます。Figmaというデザインツールを使いながら原稿を書いたので、少し不思議な執筆スタイルかもしれません。

きっかけ

まちえりさんからの紹介がきっかけでした。

当時企画と相性良さそうなnote記事を書いてい

もっとみる

オブジェクトベースなUIデザイン

WEB+DB PRESS Vol.107掲載のオブジェクトベース設計によるUIデザイン改善を読んだ。デジタルなサービスのUIを設計していく上で、とても参考になる知見なのでまとめてみる。

オブジェクトベースUI設計とは

ユーザーがやること(タスク)の手順をそのまま画面に反映させるのではなく、ユーザーの関心対象(オブジェクト)を画面とデータに対応させながら考えていく手法。

オブジェクトベースUI

もっとみる

サービス開発におけるデザイナーの役割 #DXEL

DXEL.2 エンジニアとデザイナーが「いい関係」を築くためにというイベントで登壇しました。オープンな場でLTするのは初めてで、緊張でうまく喋れなかったところがあったので、補足しながら紹介できればと。

どんなイベント?

「異業種・異文化を理解し合おう」という趣旨で開催され、参加者も登壇者もエンジニアとデザイナーそれぞれ偏りすぎないように配慮された勉強会でした。

登壇テーマ

会社でやったペア

もっとみる

CSが取り組むtoBサービスの改善

BtoB×SaaS×CS LightningTalksという、toBサービスのCS担当者向けのイベントに参加しました。

CSの僕が開発に半出向して見えてきたこと

ビズリーチでHRMOS採用管理を担当している原山さんの話。

開発チームに半出向して以下のことに取り組んだそうです。

・プロダクトマネージャーと施策検討
・プロダクトの「Will」をみんなで考える
・開発メンバーによる顧客業務フロー

もっとみる

デザインツールを比べてみる

Webサービスづくりにおけるデザインツールは、プロダクトの表現、チームのコミュニケーションや生産性に大きな影響をもたらす場合があります。流行やワークフローを調べながら、どんなデザインツールが良さそうか考えてみます。

各ツールの特徴

Prototyping Toolsというサイトで、プロトタイピングツールをインタラクションやユーザーテスト、コラボレーションなどの観点で比較できました。

Affo

もっとみる