デザインスキル評価アンケートを作って分かったこと

デザイナーが伸び悩まないためのスキル27分類をアレンジしたスキル評価アンケートを作ってみました。アンケートが出来上がるまでの過程を紹介しつつ、回答結果から見えてきたキャリアの方向性まで考えていこうと思います。

どんなアンケートを作ったのか?

事業会社でWebサービスのUIデザインを作ることをメインにしている人なので、現状の自分に求められていそうなスキル項目を質問してみました。

なるべく回答者の方に負担をかけないように、4段階からチェックするだけの回答形式にして、判断しにくいものに関しては「わからない」を選んで大丈夫ですといった感じでお願いしました。

アンケート回答欄

もしコピペして使ってみたい方はこちらからどうぞ。

このアンケートができるまで

自己評価とのギャップが知りたい

学生時代は、経済学部で貧困問題っぽいことを学び、IT企業でのインターン経験や美術系の勉強は一切したことがありませんでした。新卒で入ったWeb制作会社では、ディレクターだけどデザイン等も巻き取ってやるといったフルスタックな働き方をしていました。

今勤めている事業会社には、UI/UXデザイナーとして転職して約2年経ちます。正直自らの経歴にはコンプレックスを感じていて「自分のデザインスキルは果たして通用してるのか」とよく懐疑的になっていました。そういった背景もあり、できるだけ客観的な見え方が知りたいと思い、アンケートという形で調べてみることにしました。

とりあえず試してみる

スキルアンケート(27項目)

自己評価

Googleシートを作って、全27項目できる範囲で記入してみました(標準・リーダースキルに含まれている項目も気になったので全部やっちゃいました)

ここでは作成当時担当していた社内プロジェクトに深く絡めて、各スキルが発揮できているかという観点で回答しています。

※社内で使いやすいようにいくつか調整してみたり。

・レギュレーションの理解 → 「ガイドライン」に変更
・クリエイティブディレクション → 「ユーザビリディ」「ストーリー性」に分解
・基礎構築 →「組織横断力」に変更
・育成 → 役職&部下無しなので削除

フィードバックを元に改善する

マネージャーに27項目回答してもらった感想を聞いたところ、「質問数多くてだるかった」「質問の補足文欲しい」「要件定義まわりの理解力の項目追加したほうが良い」といったフィードバックをもらいました。

そのときの反応はこんな感じ↓

さらにCXO Nightで話されていたクックパッドさんの「エモーショナル / ユーザビリティ / 技術 / スピード / チームへの影響力」の5軸も参考にし、13項目に絞りこんでみました。

完成版:デザインスキル評価アンケート(13項目 / UIデザイナーver)

回答結果

13項目のアンケートは、普段からよくデザインレビューをしてくれるデザイナー3名にお願いしました。

※「IA・UI」「グラフィック・ブランディング」といった文章は、その方の得意分野や関心領域だと解釈していただけると。

4pt:イケてる、3pt: できてる、2pt: まあまあ、1pt: がんばれ(「分からない」に関しては省略)

まず「グラフの形バラバラすぎる…。それぞれのバックグラウンドや、一緒にやってるプロジェクトによって全然評価違うやんけ!」と思いました笑

グラフィックが強いAさんからは「開発寄りのタスク管理能力はできてる」と言われ、リサーチが得意なBさんからは「情報整理はできるけど分析力が未熟だから効果が薄い」といったコメントをもらいました。

一方で、副業でいっしょにスタートアップを手伝ってるCさんからは、スピードやコミュニケーションは好評だったり。おそらく副業という限定的な関わり方の割にはパフォーマンスは出ているんだと推測しています。

本業は背伸びしてるけど伸ばしたいスキルが鍛えられる環境で、副業では無理せず得意なスキルを発揮しやすい働き方にしてるから、こういう結果になってるのかな。

考察

アンケート回答後に、それぞれの結果について理由を訊ねてみました。話していく中で「そもそもどうしてデザイナーになったのか?」「今後どんなキャリアを目指したいかで、このスキル評価の受け取り方全然違うよ」といったコメントをもらいました。いまの自分なりの答えはこんな感じ。

サービスを通じて提供したい社会的価値があって、それを達成するための手段として「デザイン」を有効活用したいと考えてるんだと思います。

Business × Technology × Creativity

最近知ったTakaram 田川さんのBTCモデルがかなり印象深かったので、自分のキャリア変遷の参考にしてみました。

いまは開発⇄デザイン間のスキルが強めではありつつ、ビジネス⇄デザインをつなげられるスキルが欲しいと足掻いてる気がします。

このアンケートの回答結果をみせた方には「自己評価低いよね」と言われたのですが、おそらくプロダクトデザインへの落とし込み方法(UIデザインやインタラクション)が未熟だと自覚しているから、自信がないんだと思います。

たとえ入口をみつけても、出口の探し方がわからず、迷子になってしまうのではという不安に駆られてるような感じ。まあこれは場数を積み重ねれば、自然となんとかなる気がする。

あと情報整理もただスピーディに綺麗にまとめて終わりではなく、数字の裏付けや、ビジネスサイドが興味を引くような分析や発信までできたら良さそう。

感想

アンケートの分類基準や考察に関しては、ざっくり現状把握するための参考材料とみなすぐらいで良いかもしれないです。そのときの状況や各個人によって、結果はいくらでも変わりそうだと思ったので…

正直評価云々よりも、このアンケートづくりを通して、日頃デザインレビューをしてくれる方々が、私の長所が活きるように色々配慮してくれてるんだなぁと垣間みることができて嬉しかったです。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。それでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

肉まん買います。

😍😍😍
138

Yoko Nishida

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。