まちだねこ

広告が嫌いな代理店の人。映画、音楽、アニメ、アートが好き。ツイッター:https://twitter.com/nikowan1

「nendo × サントリー美術館 information or inspiration?展」を見たほうがいい理由

現在、サントリー美術館で開催中の展示会「 information or inspiration?展」。
佐藤オオキ率いるデザインオフィスnendoが新しい日本美術作品の鑑賞方法を提案している本展示会は、単に日本美術の捉え方をアップデートするだけにとどまらない示唆を与えてくれる展示会だ。

1粒で2度美味しい「展示会構成」

「1つの展示会のようで2つの楽しみ方ができる」というコンセプトになぞらい、

もっとみる

曲順で振り返るライブレポ(The Mirraz 427@新宿Marz)

僕らなんてたまになんか不必要になる
生まれなきゃよかったとか思う事もある
生きていればきっといつかなんて言葉が
嘘くさくて嫌になって嘔吐したくなる
だけど今日だけは今だけはこの日だけは
君と出会えたって喜びだけで心満たしたい
迷い、涙、苦しみ、「嫌い」、痛み、怒りも
何もかも忘れるんだ 何もかも忘れよう
"We are the fuck'n world" The Mirraz

The Mirra

もっとみる

過剰な話、電気グルーヴ。

僕にとって電気グルーヴはフェスで1年に2,3回かみる程度のアーティストだ。そこまで詳しいわけではないし、めちゃくちゃファンというわけではない。

ただ、毎回見る度に彼らのめちゃくちゃなところや、彼らがとても楽しそうに音楽をやっている姿が印象的だったし、その姿はとても好きだった。

そして、おそらく一度でも電気グルーヴを見たことがある人たちや音楽を聴いたことのある人は楽しんだはずだ。

だからこそ、

もっとみる

小学生のころ、「電気係」だった

この記事は、渋谷セカンドステージVOL.20 渋谷ヒカリエで『「学校」をアップデートする』を見て感じたことです。
https://peatix.com/event/602261
実際のイベントの様子はこちらを参照ください。
https://www.obatakazuki.com/schoolupdate

電気係の話

僕が小学校1年の頃、クラスの係決めが必ず1学期に1回あった。
クラスは30名程

もっとみる

炎上について僕が思うこと。そして、ハリネズミ。

言葉の力が強くなったり弱くなったりしてることを最近強く感じる。

例えば、Twitter。140文字という現代版川柳のような立ち位置で、日常のなんでもないことをつぶやくツール。ツイート欄に「いまどうしてる?」という言葉があるが、実際は「いまどうしてる?」なんてつぶやく場所ではなくなっている。どちらかといえば、「いまなにかんがえてる?」が近い気がする。Twitterは行動をシェアするツールではなく、

もっとみる

ハチクロのその先

3月のライオン14巻が発売された。3月のライオンを待ち望んでいる僕としてはとても待ちに待った日だ。

ここからはネタバレになります。

今回の3月のライオンに出てくるハチクロのキャラクターについてだ。団体将棋大会に間山の就職先であった藤原デザイン事務所の面々が登場する。その中で野宮さんが山田さんのことを「奥さん」とよんでいる。そして、間山がりかさんのことを「彼女」とよんでいる。みんなそれぞれがそれ

もっとみる