7/15 MOROHAワンマンツアー@FAD yokohama

7/15 MOROHA F.A.D.yokohama。この日のライブを恐らくMOROHAは忘れることはないだろう。
この日のライブには態度の悪い数名の客がいた。後方でおそらくお酒が入っていたのか騒ぐ客が数名いた。「これが聞きたかった!」とか、彼らは曲が始まるたびに叫び、始まったあとも騒いでいた。簡単に言えば、演奏されるMOROHAの音楽が彼らが泣くためのちょうどいいBGMになっていた。別の言い方をすれば、セックスするためにフェスに行くのと同じ感じだ。

一方、別の客がその状況を見かねてなのか、「アフロもっとこいよ!」とアフロに助けを求めるかのように曲の合間に叫んだ。
アフロはその場では何も言わず、曲の間奏でアンサーした。「おい、さっき俺にもっとこいよって言ったやつ。俺らはもっと行くからさ、お前もそこにちゃんといろよ、頼むから、頼むからさ」と伝えた。

ライブ終盤、「四文銭」が演奏された。真剣に聞く客、呑んだくれてふざけてる客、アフロが何も言わないことに不満を抱く客、その場にいる全ての人に対してアフロは「どうか聴いてください、お願いします」と言った。
その瞬間、アフロの底知れぬ覚悟を見た気がした。もちろん歌詞の一部なのだから演奏されれば歌われるのは当然だけれども、この時のこの言葉の重み、覚悟は別格だった。態度が悪い客と言ったところで、それは観客AとかBでしかなく、名前も顔もわからない。どう考えたって実名、顔出し、全てをむき出しでぶつかってくるMOROHAには勝てない。

なんの曲か忘れたが曲の間奏で、「W杯を眠い目で見てた?頑張る選手を見終えた後、テレビ消した後に映る自分の顔、どんなだった?」と言った。
僕は自分がなんとなくW杯が苦手な理由がわかった気がした。人が頑張っていることを見世物にして勝手に感情移入して、そのたった2時間だけは味方のように振る舞うその身勝手さが苦手なのだ。
MOROHAのサードアルバム、この最後を飾る曲「四文銭」の中の歌詞でこんなのがある。
「今すぐプレーヤーの停止ボタンを押して お前はお前のやるべきことをやるんだ」
彼らは自身の音楽がリスナーにとって救いになるとは思ってない。聴いた人が行動してこそ意味のある、そう考えている。四文銭のラストはこう括られる。
「命を懸けて、命を描け」
ベストアルバムツアーの最初を飾るライブがこんなにもMOROHAとしての覚悟が問われるものとなるだなんて思いもしてなかった。ただ、彼らがやってきた十年間は、騒ぐ観客がいようと、煽られようと、決して揺るぎない地盤を作り上げた。だから、あのライブのMOROHAはいつも以上にかっこよかった。そして、あの日を経たMOROHAはきっとさらにカッコよくなる気がした。
#ライブレポ #音楽 #MOROHA

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを元に新しい世界を開拓して感想書きます

19

まちだねこ

ライブレポート

セトリやアーティストの言動だけではなく、その場の雰囲気から感じたことを書きます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。