小説「無日常」

23
ノート

小説「無日常」を書き終えて

https://note.mu/nina_to_watashi/m/md55f504a8c69

少し修正して、タイトルをつけて、マガジンにまとめました。

小説を書くのは初めてでした。ずっと書いてみたいなと思っていたし、煮え切らない思いとかブログには書きにくいなっていう思いも、いっそフィクションにすれば成仏するんじゃないかと思っていて、それをnoteという場で試してみました。

この小説はノンフ

もっとみる

1.私

は、見ている。

土曜、朝8時過ぎのマックで、対峙している彼の左手を眺めている。左手薬指のJustin Davisのスタッズの指輪。今日はしていないようだ。

「どうして指輪してないんですか?」

と、とぼけられるほど肝の座った女ではない。だから黙って見ているしか出来ないし、昨夜のいつ外したのかやどういう心情で外したのか、はたまた事情があって外してホテルに置いてきてしまったのか、など答えの出ないこ

もっとみる

2.新宿

は平日も、休日も、朝も、昼も、夜も、人で溢れている。

土曜。18時。私はJR新宿駅にいた。見ろ、人がゴミのようだ。というもはや刷り込みにも似た言葉が頭に浮かんだが、行き交う人に混ざり煙のように消えていく。

南口を出て左に曲がり、LUMINE2を目指す。エスカレーターを上がるとすぐ、ISETAN MiRRORがある。今月号のMAQUIAで気になってたADDICTIONのリキッドファンデと、 Yv

もっとみる

3.仕事

をしに、半蔵門線に乗る。月曜8時半。半蔵門線は、地方からの直通車両の乗らなければ、朝からガラガラの車両で、悠々と職場に向かえる。

東京は苦手だ。地元にいたくないから東京に来た。ただそれだけの土地に思い入れもクソもない。山手線や京浜東北線沿線の企業だけは外して下さい、そう転職エージェントに話した時、一瞬考え込んだ素振りを見せたのをよく覚えている。自我のある生命体がひしめき合っている場所など、気持ち

もっとみる

4.メンヘラ

は、彼と私の関係に気づいているだろうか。

社運をかけた大きな案件で、私をディレクターとして動かすということが朝礼で発表された時、その女の顔が大きく歪んだのを私は見逃さなかった。

なんで、わたしじゃ、ないの。

その言葉が全身から滲み出ていた。なぜあなたではないのか、それは誰もがわかっているだろう。ディレクターに足る器量がない。ただそれだけだ。

私より5つ上の、誰もが裏で「メンヘラ」呼ばわりし

もっとみる

5.睡眠

がうまくとれなくて、最近は夢で必ず誰かを怒鳴りつけている。

毎日のように、母親や部署の部下、元カレなどに腹を立て理不尽に怒鳴りつけている。時々、夢の途中でガバッと起きる。よくあるドラマのように、息があがっていて、夢か…と胸をなでおろしてまた眠りにつく。いい加減ヤバいだろ、と自覚はしているが、だからといってどうしていいかわからない。「寝られない」とググってみても、「ストレスを溜めないよう」に、とい

もっとみる

6.いつの間に

と、寝ぼけ眼を埼玉の街並みに向けながら思った。

定時で上がって、下りの半蔵門線に乗って、あらぬことを考えてるうちに眠り込んでしまった。そして草加駅に着いた。もう20時を過ぎていた。めんどくせぇ。反射的に頭の中で悪態をつく。ゆっくり寝たいならベッドの中で眠ってくれよと自分に失望するものの、初めて踏み入れる土地に少し高揚感を覚え、お腹空いたし駅前にガストがあるっぽいから降りよう、と思い立ち、少し回復

もっとみる

7.俺

は、悩んでいた。

19時。オフィスを出て骨董通りを抜け青山通りに出る。今日も青山通りは賑やかで、誰もが洒落た服を身にまとい、各々が入りたい店に入り、欲しいものを買い、食べたいものを食べ、1日のフィナーレに相応しい場所を選択する。

早くこの場所を離れたい。無意識に歩みが早くなる。

家に帰りたいわけでもない。だからといってどこかで時間を潰す気分でもない。山手線を一周して時間を潰そうか否かと思考が

もっとみる

8.明日

話すからと、昨日彼に言われていた件について、共有したいから夜空けておいてとSkypeで連絡が来た。業務とは別に、業務中の私語はSkypeを使って連絡を取り合う。Skypeなら履歴を社内の誰にも見られないから。20時に渋谷集合で、と決めて、別々に退勤するのが常日頃の習慣だ。今日も、明日出来るものは明日に回して、さっさと会社を出た。

メンヘラは休職、ひとまず3ヶ月は休職させるという。その後のことは産

もっとみる

9.絶対

に、寝る前に風呂を済ますのが常だというのに、今日は人生で初めてそれを怠った。

私にとってはオオゴトだった。私の絶対的な意志に反乱する分子が私の中に存在していて、理性的な私とは裏腹に感情を持って制することを企んでいる。そんな気がして、朝5時に居心地の悪さと共に目が覚めた。

お腹が痛くない、それだけを感謝すべき日だ。昨日は腐った肉を食べたのだ。一種の賭けを強いられ私は勝った。勝った?そうじゃない。

もっとみる