旅とわたし(2)オンジンメーカー

2017.12.24(Mon)

ワルシャワ(ポーランド)➔ プラハ(チェコ)

今回のおはなし (バックナンバー
12/23 成田空港を出発
12/23 ポーランド着(乗り継ぎ) ⏪
12/24 チェコ着 ⏪
12/25 オーストリア ウィーン着
12/26 オーストリア ハルシュタット着
12/27 チェコ着
12/31 チェコ発
1/1 空の上で新年を迎える(わくわく)
1/2 成田着

Dzień dobry(ジェン ドブレ)
おはようワルシャワ。

そしてメリー・クリスマス・イブ。
清清しいほどにひんやりとした朝だ。チェコへと飛び立つべく、空港に戻るとしよう。


ところで、人というものは自分に都合のいい解釈をして安心感を得ようとする生き物である。
なぜなら、一度「これ!」と決めてしまえば、他の情報を遮断したり、行動を最小限に抑えることができて楽ちんだからである。
特に疲れていたり、目の前のことで精いっぱいの時は。

ここにいる貧乏旅行者Nも、そんなご都合主義な人間の一人であった……

昨日のひと騒動、否、ふた騒動、否否、さん騒動……もとい、現地に恩人を量産した一連の騒動のおかげで、バス移動はこりごりであった。ということで、タクシーを召喚することに。連絡先は、前日にホテルの掲示板にある張り紙から把握済みだ。そしてこの張り紙、親切にも旅行者向けにポーランド語ではなく、全編英語で書いてある。つまり、だ。受話器の向こう側の人間も英語が使えるということである。

……おわかりいただけたであろうか。これが論理の飛躍であり、先程述べた思考停止による情報の遮断である。案内用紙のどこにEnglish okと書いてあったのだろうか。(いや、一切書いてなかったよ)

結論:朝から旅行者の男前イタリアーノと現地の素敵マダムのお世話になりました。

あい、恩人様2名追加!いらっしゃいませ~~!

話せども、喋れども、受話器の向こうのタクシー会社の人に英語は通じない。ポーリッシュ オンリー・ノー イングリッシュ。フロントのお姉さんに頼ればいいかと思い、向かったが、早朝なので受付時間外。(思考停止による情報の遮断その2)全力で無人。

フロントでもう一度電話をかけ、必死に片言英語で頑張っていたところ、向かいの部屋のマダムがガウンのまま、歯ブラシを口にしたままいらっしゃった。朝から騒がしくて申し訳ない……と思いつつ、どうしたのか聞いてくださったので、片言英語で事情をざっくり説明。その人は現地のポーランド人らしく、なんと、代わりにタクシーを頼んでくださった。

タクシーを待ちながら、マダムと雑談させていただいていたら突然、上の階から男前なイタリアーノが登場した。例のごとく、事情をイタリア語(っぽい)で聞かれたので、グー〇ル先生の翻訳に頼る。日本語➔イタリア語に訳してそのまま画面を見せると、納得顔のベッロ(伊:イケメン)。文明の利器に乾杯。しばらく3人でつたない言語交換。

タクシーが来るとイタリアーノがチャオチャオ言いながら、私の荷物を手元からするりと奪うようにして運んでくださった。一連のスマートな所作。私はというと、ありったけの笑顔と知ってる数少ないイタリア語・グラッツェを連呼して感謝の意を伝える。もちろん現地のマダムにも。お二人には、お金お支払いしたかったレベル。それは野暮な話だけれども。

あのですね、現在、某スターなバックスで原稿書いてるんですけど、あの時のあたたかさと安心感とマダムの優しい笑顔とイタリアーノの頼もしさ諸々を思い出して泣けてきました。お二方、本当にありがとうございました。私、ひとのやさしさに包まれ 生かされてるよ。生まれた瞬間から、なんなら生まれる前から、さもなくば前前前世から。目の前のすべてのことはメッセージ。まじRAD、まじユーミン。

以前から海外旅行が好きで、いつもしすぎるくらい用心して準備&警戒してことに当たっているけど、今回みたいな、飛行機・宿と最低限をおさえたノープラン旅行もよきかな。 ※自衛は大事です

たくさんの優しさを胸に無事空港に到着。

ここで2つ、アイテムを入手。

①出発前に、ポーランド好きのKさんから教えていただいて以来ずっと欲しかったーリッシュポタリー(ポーランドの食器)。免税店で無事ゲット。しかも日本でこれ可愛いなって思っていた一品である。狂喜乱舞。

②それから耳がちぎれそうに寒いので帽子も。これ以降、旅の間ずっと大活躍する、頼もしき我が相棒。

 
それから、勇ましいポルスカロゴが気に入って買いたい欲と戦ったキャップがこちら。(予算の都合上断念)

さてさて、無事離陸しました。

ありがとうポーランド。
大変お世話になりましたポーランド。

機内アナウンスの〆がMerry Christmas&Happy New Yearだったのが粋な感じでよかった。それから機内でチョコ貰いました 。あま~~い。

無事、何事もなく着陸。アライバル・チェコ。

おや…?私の様子が……?

みんな聞いて。プラハに着いたものの、予定時間になっても迎えのシャトル(ホテル行き)がこない!
一難去ってなんとやら、どうなる弾丸旅行者N。

次回へ続け!

以上、人間でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ヤッタ〜ありがとうございます🥰
4

旅とわたしシリーズ

人生に疲れた 1人の人間が 息を吹き返すまでの ポーランド・チェコ・オーストリア 弾丸旅行記
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。