47歳からの挑戦で子供の頃からの夢を実現させた大江千里さんインタビュー!

私は昔からいわゆる「人生の成功者」から話を聞くのが大好きで、これまで出会った様々な成功者にインタビューをして来ました。私の中での「成功者」の定義は、”大金持ちになった成功者”と言う意味ではなく、「自分の好きなことをしてキラキラ輝いている人、人生を謳歌している人」と言う意味です。しかしインタビューした人の中には自分の好きなことをとことん追求した結果として億万長者になったと言う人も何人もいらっしゃいました。

今後、これまでお話を伺って来た人達のことを少しずつ書いて行こうかと思いますが、今回は第一回目として47歳で全てを捨てて「ジャズピアニストになる」と言う子供の頃からの夢を叶えるためにニューヨークに渡り、見事夢を実現させた大江千里さんにインタビューさせて頂いた時の話をご紹介したいと思います。

話を聞いていて私自身もとても励まされたので、是非多くの人に読んで頂けたら嬉しいです。

今回は初めての試みなので、投げ銭形式にしようと思います。最後まで読んでみて少しでも「良かった!」と思って頂けたらちゃりん♪とおさい銭を頂ければ幸いです。しばらく経ったら、有料記事に変更しようと思いますので、投げ銭方式のうちに是非読んで下さいね。

==

大江千里さんと言えば、1983年にシンガーソングライターとしてデビューして以来、数々のシングルやアルバムを発表すると共に、作詞・作曲・編曲家としても松田聖子や光GENJI、渡辺美里など数々のアーティストに様々な楽曲を提供、プロデュースを手がけたことで有名ですが、自らが俳優やテレビ番組の司会ラジオ番組のパーソナリティとしてメディアに出演したり、エッセイの執筆も行ったりと、幅広い分野で大活躍して来たその多才ぶりでも知られています。今の20代、30代前半の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、一世を風靡した、日本を代表するシンガーソングライターだったと言ってもいいと思います。

そんな大江さんですが、昔からの夢だったジャズを学ぶために2008年に、うまく行っていた日本国内での全ての音楽活動を休業し、ニューヨークに行くと言う一大決心をし渡米。4年半かけてジャズの学校に通い、2012年には念願だったジャズピアニストとしてのデビューを果たしています。

日本で既に大きな成功を収めていたのに何故、全てを捨ててまでNYに渡ってゼロからの再スタートを出来たのでしょうか? とっても興味をそそられ、是非直接話を聞いてみたいと思いました。

そして・・・。

お話を聞く機会が訪れたのは、アメリカのとある大ホールで行われた大江さんのジャズコンサートの時。

大江さんに対しては当初はやはり80年代の人気の「シンガーソングライター」と言うイメージを強く持ってましたが、実際に大江さんのジャズコンサートを聴いてみてその考えが180度変わりました。

コンサートでは大江さんが作詞作曲を手がけた「秋唄」のほか、東日本大震災を受け、今も仮設住宅で暮らしている避難民たちを励ますために作った「ピース(Peace)」など11曲を熱演。ご本人が本当に楽しそうに仲間と笑い合いながら演奏しているのが印象的で、本当に「プロのジャズピアニスト」なんだと見ていてこちらまでワクワクして来るような、そんな素敵な演奏でした。もちろん最後には集まった観客ほぼ総立ちで惜しみない拍手が送られていました。

シンガーソングライターから、「ジャズのピアニスト」に華麗に転身した大江さん。しかもシンガーソングライターとして大成功していたのに、全てを捨ててアラフィーの47歳の時、で単身渡米するのはかなりの勇気がいることだったと思います。何故そこまで出来たのか、直接話を聞いてみたくてコンサートの後、大江さんに時間を取って頂きじっくりお話を伺いました。

以下はその時のインタビュー内容です。小さい頃から音楽を目指すことになった経緯、そして47歳で全てを捨てて渡米に至る心境等について話を聞いています。

大江千里さんインタビュー

Q今日はありがとうございます!まずは大舞台でのコンサートが終わって感想は?

A想像していた以上に手応えがあって、嬉しかったです。ブラボーと言ってもらえてドキドキしました。相当、緊張していました(笑)。緊張感は毎回あるのですがそれを乗り越えた先にある喜びにたどりつきたかったので、今、その達成感を感じています。

Q今回の演目はどうやって決めたんですか?

A今日の演目は紆余曲折がありました!昨日までに曲目は決めていたのですが会場に来るまでの途中の景色を見ながら順番を逆転させた方がいいとか、ここはお客さんとキャッチボールした方がいいとか、直前の直前まで考えて変更しました。

Q東日本大震災を受けて作曲した最後の曲「Peace」はとっても素敵でしたね!

Aありがとうございます!海外に住む1人の日本人としてここまで生きて来て、音楽を通じて通じ合ったり分け合ったりしたいと言う気持ちを音楽で表現したいと思って東日本大震災が起きた直後に作った曲です。「Peace」を弾くと日本人だけでなく色んな人種の方が「いい曲だった」「涙が出た」「CDにまだなってないんですか」などとよく言われます。今回のアルバムも「Peace」を入れたいがために作ったんですが、プロデューサーから「音楽的な観点からあの曲は別ものだから今回のアルバムには合わない」と言われては入れない事になっちゃったんです。もしかしたらピアノ1本で違う機会にレコーディングしてもいいかなと思っています。

Q音楽に関してはとても多才でいらっしゃいますが、子供の頃から音楽に興味があったのですか?

A3歳の時に自分で習いたいと言ってクラシックピアノを始めて小学校3年までトレーニングしていました。当時は近眼になり始めて、体も強くなかったんですが、友人から「女のくさった奴〜!ピアノやってる〜!」などとからかわれて「俺はやめる!」と言って、いったんピアノをやめたんです。でもピアノをやめて2年たった小学校5年の頃からまた色んな曲を自然に聴き始めてピアノもまた始めて作曲も始めました。

例えば野球をやっている最中でも、「どんな音楽を作ろうか」「この曲をカーペンターズが歌ったらどんな曲になるだろうか」「天地真理さんが秋に次のシングルを出すとしたらこんなメロディがいいんじゃないか」などあれこれずっと音楽のことばかり考えていて、「ボール行ったぞ〜!」と言われてはっとした瞬間にボールが顔に当たって眼鏡が割れちゃった、とかマンガみたいなこともありました!(笑)。

Q小学校5年生から作曲を始めていたなんてすごいですね!!いつからプロの音楽家を目指そうと思ったのですか?

A小さい頃から漠然とピアニストになりたいと思っていました。元々歌っていた訳ではないんですが自分が作った曲に詩をのせた歌を誰もうたってくれないので、自分が歌うしかないから、「じゃあ弾き語りでもやってみようか」と12歳の時に初めてヤマハのコンテストなどに応募し始め、15歳の頃には決勝まで行けるようになりました。15歳の当時から「ジャズとボサノバが大好きな大江千里君」って紹介されていましたよ。

Q1983年にデビユーして、シンガーソングライターとして活動したり、他のアーチストに楽曲を提供したり、テレビに出たり、様々な分野で大活躍していましたが、47歳の時にそういった全てのことを捨てて、NYにジャズの勉強に来ましたが、いつからNY に来ようと思っていたんですか?

Aもうずっと10代の頃からやりたかったことなんです。デビューした時も「こういうポップスの世界はそんなに長くはないだろうなぁ」と思っていたから、ポップスに見切りをつけたら「次はジャズの勉強に行きたい」とぼんやり考えてはいたんです。

でもそんなに浅い世界でもなくどっぷりポップスの世界につかり始め、また欲が出て来て次のドアをノックして、また次のドアをノックして・・・と言う感じで続けているうちにあっという間に47歳まで駆け抜けて来たんです。でも心のどこかではいつもジャズの風景があり、「いつかどこかで死ぬまでにジャズをやりたい」と思っていた時に、ちょうど47歳の頃に母が亡くなり、犬が死に、友人も何人かがバタバタと急死したりして、僕自身も「人生には限りがあるんだ」と強く思うようになりました。

同時にポップスのシンガーソングライターとしての仕事はまた面白くなって来た時期でもありました。映画の音楽をやらせてもらったりして、上昇気流で仕事ができていたのですが、そういう「乗って来たな」と思う時期にスパッと次に行くべきなんじゃないかと考えたのと、50歳まであと3年だったので「まだ今なら馬力があるから、今のうちに動いた方がいいんじゃないかな」とだんだん思い始めたんですよね。

90年代に4年間くらい日本とNYを行ったり来たりしてる時期があったのですが、当時、「The New School for Jazz and Contemporary Music」の前をよく通っていて「ここでジャズを習いたいな〜」と思っていました。それを思い出して「ここに入りたい!」と決心し、英語もできないからものすごく時間がかかりましたが、応募曲を練習して、プロフィールを書いて送りました。そしたら合格したんです!

それをマネージャーに言ったら「千里さん、前からジャズをやりたいって言ってたから、もうその気持ちなんだったら応援するから全部やめて行った方がいいよ」と言われました。「え?止めないの?」と聞いたら「止めないよ。」と(笑)。マネージャーは「後は俺が12月のコンサートも全部キャンセルして対処しておくから千里さんは荷造りと身の回りのものを処分すればいい。」と言ってくれたので、その日からもう成田を立つ直前まで荷造りをしてました。

Qキャリアも順調だったのに全てをやめて、ニューヨークに行く事に迷いはなかったのですか!?

A迷わなかったですね〜。そこまで深く考えていないと言うと無責任なんですが、ジャズの学校に受かったことで舞い上がっていて「ジャズができるんだ〜!」とその一心で行っちゃった感じ(笑)。

でも学校のオリエンテーションの日に「千里と、ピーターとフィルは前に出て来てFのブルースを弾いて」と言われたんですが、当時はブルースのプログレッションなんて知らないから失敗しちゃって、それから友達はゼロですわ。「こいつ出来ないんだ」と思われて廊下で会っても遠目で見られる感じ(笑)。宝塚音楽学校で言えば45人中の45番ですよ!全くジャズのことは知らないダメ男君で「あの人だけはトップスターにならないよ」って言う感じでしたね〜。

そこから同期の18歳のマークのボイシングをぱっと見て「ちょっと待って!携帯で撮らせてくれ!!」と言って撮影させてもらい、それ家に帰って見て勉強したりしました。その繰り返しでした。自分が若いつもりでいたけど老眼は始まって黒板は見えなくなるし、腕を故障して何ヶ月も練習出来ない事もありましたし、体がついて行かなかった。だからあの時にニューヨークに行く決心をして良かったです。 47歳の時がラストチャンスだったと思う。「今だぞ!!」と言う自分の直感、本能を信じて来て良かったんだなと思います。

と同時に今こうやって人前に出ていますが、当時は「もう2度とプロとして人前に出る事はないかもしれない」とも覚悟していました。とにかく「今は学ぼう」と。

でも東日本大震災のための支援金募集のためのチャリティコンサートをやった際、いっぱいのお客さんが駆けつけて募金をして下さったのを見て「自分が学校で知識を吸収するだけでなくもう一回お客さんの前に出て行きたい。やり残した事がまだいっぱいある。伝えられる事がある!」と言う気持ちになり、それからまた始まりました。

Q2012年にジャズピアニストとしてデビューされていますが?その時の気持ちは?

A大江千里がジャズピアニストになったと言う事で注目もされましたが、まだ自信もなく、自分がそれにまだ追いつかない、と言うこととの葛藤でした。ジャズってドアを開けるとまたドアがたくさんあって、その中のドアを開けるとまたどんどんドアがある、と言う感じなんです。

Q今後の音楽の上で成し遂げたい事、目標は?音楽を通じて伝えて行きたいことはなに?

A最終的には人種、バックグラウンドの違うお客さんが目をキラキラさせて「良かった!」と言って下さることが目標です。聞いただけで心が柔らかくなるような音楽を世界の色んな場所でもっとできたらいいなと思います。

アメリカに来て本当に良かったと思います。色んな人種の人に会ってそう言う人達に音楽を伝える事ができました。また外に出た事によって日本人であることを前よりも100倍は意識するようになったので、僕は海外にいますけど外から日本を密かに応援し、サポートして行きたいと感じるようになりました。僕が夢を叶えて行く事が日本の皆さんにとっても1つの励みになるように頑張りたいと思う気持ちが明確になって来ました。これからも頑張ります!

Qありがとうございました!

==

インタビュー後記

今回のインタビューで感じたことは、やはり自分の好きなことを追求することが人生の幸せにつながるんだと言うことと、それを始めるのは何も10代、20代、30代の若い頃でなくてもいいんだ、と言うことです。自分が「やりたい!」と決めたことであれば、何も遅過ぎることはない、自分の直感を信じて進んで行けば、新たなドアが開いて来るんだと言うことを大江さんには教えて頂いた気がします。

そして大江さんが指摘されたように、人間の命には限りがあります。思いがけず病気になったり、交通事故にあったり、テロ事件に巻き込まれたりして予想外に自分の死を早く迎える可能性もあるのが、悲しいですが現実です。

自分が死の床についた時、「自分の人生に悔いはない。本当に楽しかった!」と言えるためにも、自分の好きなことを見つけて、それをとことん追求し、思った通りの人生を生きて行くことの大切さに改めて気付かされると同時に、自分がもう「年だから」「もう若くないから」「新しいことを始めるには遅過ぎるから」と言うのは、やりたいことを始めない理由にはならないのだと考えさせられるきっかけになりました。

やってみたいことがあるのなら、チャレンジしてみよう、遅すぎることはないんだ、そんなことを再確認しつつ、前に進んで行くための勇気をもらえた、そんな気がして心がほっこり温かくなりました。

==

この続きをみるには

この続き:68文字

47歳からの挑戦で子供の頃からの夢を実現させた大江千里さんインタビュー!

Ren

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

51

Ren

クリップしたい「スキ」(てんてんこクリップ)

noteで見た/書いたもので、埋もれさせたくないもの。後から見返し易くしたいと思ったものをクリップします

コメント3件

ちゅうハヤコメント欄で見てきました。note初購入です。千里天国行ったなぁ、ラジオ良かったなぁと、青春時代を思い出しながら読みました。今度は、jazzピアニストとしての演奏をまた聴きたいと思います。ありがとうございました!
川越さん、メッセージもありがとうございます♪Note初購入だなんて光栄です!!大江千里さんのジャズは本当に楽しそうで聴いていてワクワクしましたよ!ご本人がジャズが大好きだからこそ、ですね。
ルミさん、メッセージありがとうございます。私もとても勇気づけられたので、誰かと共有したくて書きました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。