見出し画像

2019年J1第22節 名古屋グランパス対川崎フロンターレ レビュー「ファシリテーター型とティーチャー型」

2019年J1第22節、名古屋グランパス対川崎フロンターレは、3-0で名古屋グランパスが勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

試合というのは残酷で、誤魔化しがききません。選手の関係、スタッフとの関係といったチームの状態が、試合を通じて表に出てしまうからです。この試合を観終わって、最近のレビューで書いてきたことが、全て表に出たなぁと感じました。

昨日の試合のレビューだけでなく、最近試合を観ていて気になったことも、書いてみました。目次は以下になります。

風間さんは「ファシリテーター」型のリーダー(を演じている)

川崎フロンターレのことを書く前に、風間さんのチームビルディングについて、書いておきたいと思います。

最近、組織開発ファシリテーターの長尾彰さんとお話する機会が増えたことで、風間さんのチームのレビューを書いていたころより、風間さんが考えていたことが、より深く理解できるようになりました。

より深く理解できるようになったことで、僕以外の人が感じる違和感についても、理解できるようになってきました。

最近発売された長尾彰さんの著書「宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話」に書かれていることを、僕なりに解釈して、説明したいと思います。

風間さんが「技術」の向上にこだわるのには、理由があります。チームは、1人では実現できない「目的」「目標」を達成するために結成されるのですが、何のために(目的)、どこまでやるのか(目標)だけでなく、「何を大切にして遂行するのか」という「原則」を共有する際に有効だからです。

「目的」「目標」「原則」はセットで伝える必要があり、特に「原則」を伝えないと、目的を踏まえ、目標を達成するために、チームの価値観をないがしろにして、「ただ勝てば良い」と考える人が出てくるからです。風間さんにおける「原則」が技術なのです。だから、風間さんは「どう勝つか」にこだわるのです。

風間さんが普段語っている「目を揃える」という言葉で表現している「目」とは、「価値観(好きor嫌い)」「信念(正しいor間違い)」「世界観(美しいor見にくい)」のことです。この3点は「1マインドセット」と言い換えることもできます。

僕なりの理解では、マインドセットが全員同じである必要はありません。あくまで、誰が、どんなマインドセットを持っているのかを知っておくことで、たとえ嫌いな相手でも、何でも言い合える関係を作る心理的安全性を作ることにつながります。風間さんは「目を揃える」という言葉で、マインドセットを意識させ、目的、目標、原則を意識して、チームビルディングに取り組んでいる、王道のチームビルディングを手動するリーダーだと思うようになりました。

リーダーには「ファシリテーター」「コンサルタント」「ティーチャー」「マエストロ」型の4つのタイプに分かれるそうですが、風間さんは本来的には「コンサルタント型」という専門的な知識で牽引するのが得意なタイプなのに、チームビルディングを円滑にすすめるために「ファシリテーター型」に徹しているように見えます。

サッカーの戦術などには人一倍詳しいので、問題を自分でどんどん解決していきたいはずなのに、敢えてファシリテーターに徹するところが、風間さんの強みです。ただ、たまに顔を出すコンサルタントとしての風間さんが、僕は大好きなのですが。

風間さんは自分のチームビルディングは、説明するものではなく、受け取る人が自由に受け取ればいい、と思っているはずです。目的や、目的はあるけど、理想はないので、目の前のチームをどうするか。風間さんは、そこにしか興味がありません。

ヨーロッパサッカーではファシリテーター型ではなく、コンサルタント型や成果を出すのが得意なマエストロ型の指導者が多いので、風間さんの取り組みが「ヨーロッパと違う」と感じる人もいると思います。ヨーロッパは結果が重視されるので、どうしてもファシリテーター型のリーダーが少ないのです。

風間さんは元からファシリテーター型ではありませんが、成果を出すために、ファシリテーター型を演じているのだと思いますが、元々はコンサルタント型のリーダーだと思います。

鬼木さんは「ティーチャー型」のリーダー

では、川崎フロンターレの監督を務める鬼木さんは、どんなタイプのリーダーなのか。

僕の印象では、鬼木さんは「マエストロ型」と「ティーチャー型」の両面を併せ持ったリーダーだと思います。どちらかというと、「ティーチャー型」の要素が強い気がします。

この続きをみるには

この続き:3,252文字
記事を購入する

2019年J1第22節 名古屋グランパス対川崎フロンターレ レビュー「ファシリテーター型とティーチャー型」

西原雄一

250円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
17

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つ のマガジンに含まれています