2017年J2第9節 名古屋グランパス対レノファ山口 レビュー「ようやく見えてきたチームの骨格と杉森が起用される理由」

2017年J2第9節、名古屋グランパス対レノファ山口は、0-2でレノファ山口が勝ちました。この試合はレビューとして試合の分析を行うというよりは、9試合を消化した時点での各選手に求められている役割、評価について書きたいと思います。

まず、開幕から9試合を消化し、5勝2分2敗という結果は悪い結果ではないと思います。2016年シーズンから20人以上の選手が入れ替わり、監督もスタッツも替わり、全く別のチームになった事を考えるとなおさらです。ここまでの9試合を観ていると、風間監督は自分のチームの選手がどのような能力を持った選手なのか、実戦を通じて見極めることに費やしてきたという印象を持っています。そして、9試合を消化し、誰が2017年シーズンのキーマンであり、選手毎にどんな役割を担っているのか、次第に分かってきました。

この続きをみるには

この続き:4,064文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

ゼロからどころか、マイナスからの出発を余儀なくされた、2017年の名古屋グランパス。風間監督が就任し、いかにしてJ1昇格を成し遂げたの...

または、記事単体で購入する

2017年J2第9節 名古屋グランパス対レノファ山口 レビュー「ようやく見えてきたチームの骨格と杉森が起用される理由」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
4

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

名古屋グランパス 2017年Jリーグ 全試合レビュー

ゼロからどころか、マイナスからの出発を余儀なくされた、2017年の名古屋グランパス。風間監督が就任し、いかにしてJ1昇格を成し遂げたのか。プレーオフを含む44試合を解説したレビューで振り返ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。