リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第3節 ビジャレアル対ジローナ レビュー「修正するなら今しかない」

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン第3節、ビジャレアル対ジローナは、0-1でジローナが勝ちました。

第1節、第2節と同様に、僕はビジャレアルのビルドアップに注目していました。第1節ではレアル・ソシエダが仕掛けてきたマンツーマンの守備に捕まり、思うようにビルドアップ出来ませんでした。

第2節ではチームオーガニゼーションを4-3-1-2とも表現できる配置に変更。8番のフォルナルスを「1」のポジションに配置し、中央からも攻撃が仕掛けられるようにしました。一方でフィールドの横幅を「3」で守るため、セビージャが仕掛けるサイドからの攻撃を食い止められず、自陣に押し込まれる時間が続きました。後半から4-4-2のチームオーガニゼーションに変更し、サイドからの攻撃を食い止めることに成功しましたが、今度はビルドアップが上手くいかない。最適なバランスはどこにあるのか、試行錯誤が続いています。

コロコロと変わったビジャレアルのチームオーガニゼーション

今節のビジャレアルが採用したチームオーガニゼーションは、と説明したいところなのですが、試合を見ているとコロコロと選手の配置が変わり、誰が、どこでプレーすべきだったのか、きちんとチームで決まっていないように見えました。

試合開始時は、4-4-2というチームオーガニゼーションで、MFの配置は右から、カソルラ、カセレス、トリゲロス、フォルナルスの4人が一直線に並んでいるように見えました。ところが、試合開始してからしばらくして、ビジャレアルは前節のセビージャ戦でも採用した4-3-1-2に変更し、フォルナルスが「1」のポジションに移り、右からトリゲロス、カセレス、カソルラの3人が並びます。

この変更は、前節でも攻撃では効果がありました。ビジャレアルのFWを務めるエカンビとモレノの2人はサイドでプレーするのが得意な選手なので、2人を起用すると中央に人がいなくなってしまいます。したがって、フォルナルスを中央に配置し、ボールを受ける役割を与えることで、中央から攻撃することができるようになりました。この試合もフォルナルスが中央でボールを受けて、相手陣内にボールを運ぶ場面が何度も見られました。

ただ、ビジャレアルにはカソルラという中央でボールを受けるのが得意な選手がいます。カソルラは左MFで起用されているのですが、攻撃になると右に移動したり、中央に移動したりと、自分が担当しているエリアを外れてボールを受けようとします。

自分が担当しているエリアを外れるということは、他の選手が担当しているエリアに入ってしまうということでもあり、選手同士が担当するエリアが重なってしまうということにもなってしまいます。したがって、ビジャレアルが攻撃する時、人が同じエリアに重なってしまい、パス交換がスムーズにいかない場面が見られました。

また、自分が担当するエリアを外れてプレーするということは、守備のときに自分が空けたエリアを相手に攻撃されるというリスクがあるということです。カソルラは守備を怠る選手ではありませんが、どうしても守備のときに相手より一歩遅れるという場面が見られました。

カソルラの力がいきていない

この事象だけ説明すると、カソルラが悪いように感じるかもしれませんが、元々カソルラは中央でのプレーを好む選手です。ビジャレアルでプレーしていた頃はサイドでプレーしていましたが、アーセナルに移籍後は中央でのプレーを好むようになりました。

僕はカソルラのプレーの特性を考慮して、他の選手と担当するエリアが重ならないように選手を配置するのは、監督の仕事だと思います。カソルラが中央でのプレーを好むのであれば、中央でプレーさせてあげればよいだけです。

実際にビジャレアルがシュートチャンスを作れているときは、カソルラが中央のエリアでボールを受けて、相手ゴール方向を向いたときです。僕はカソルラとフォルナルスのポジションを入れ替えれば、もっと攻撃がスムーズになるのにと思いながら試合を見ていました。

ただ、ビジャレアルとジローナでは、こうしたチームオーガニゼーションのチグハグさを上回るだけの実力の差がありました。前半は5-4-1で守るジローナがボールを奪いにいくタイミングが連動していなかったため、ビジャレアルは面白いようにシュートチャンスを作り続けました。ただ再三むかえたチャンスをいかせず、エカンビが得点を決めたと思われた場面は、VARの判定でノーゴールの判定。結局前半に得点を奪えなかったことが、試合の結果に大きく影響しました。

ジローナの修正に対応できなかったビジャレアル

後半に入ると、ジローナはチームオーガニゼーションを5-3-2にも見える配置に変更。ビジャレアルのセンターバックに対して、マンツーマンでマークしてきます。第1節のレアル・ソシエダが仕掛けてきたような守備です。

ビジャレアルのセンターバックはボールを持ったときのアクションが遅いので、ジローナの守備に捕まってしまい、前半のようにボールを相手陣内に運べなくなってしまいました。本来ならMFのカセレスがセンターバックの間に下がって、ビルドアップをサポートするべきなのですが、スムーズにサポートすることが出来ず、次第にジローナに押し込まれていきます。

そして、ジローナのGKが蹴ったロングパスに対して、カセレスがサイドバックが競り合うべきボールに自らが担当するエリアを外れて競り合いにいきます。2人が競り合ったにもかかわらず、ボールはジローナの選手に渡ります。カセレスが競り合いにいかなければ、対応できていたはずの選手がフリーで中央からボールを運び、センターバックに間に入り込んだFWにパスが出て失点していまいます。戦術の問題ではなく、コミュニケーションの問題で生まれた失点でした。

選手交代するほど攻撃が機能しなくなる

カセレスはミスもありましたが、攻撃時は相手ゴール方向を向いて、縦方向のパスを何本も出し、攻撃を円滑にしていました。ところが、失点後にカセレスが負傷交代すると、縦方向にパスを出す選手がいなくなってしまいます。

さらに2人目の選手交代としてカソルラも交代してしまったため、ペナルティエリア内にボールを運ぶ選手も、FWにパスを出す選手もいない。どうにかサイドからボールを運ぶけれど、サイドからのクロスはFWには届かない。時間が経てば経つほど、選手交代をすればするほど攻撃出来なくなるという、悪循環にはまってしまいました。

ここで修正しないと、修正する時間がとれない

3試合でわずか1得点。今のビジャレアルの問題は攻撃です。

ボールをどうやって相手陣内に運ぶのか、どうやってゴールを奪うのか、選手の頭の中に描ききれていないように見えます。MFの配置がコロコロと変わるのは、チームとして、誰が、どのように動くのか、決まっていないことを示しています。

誰が、どこでプレーするのか、そして選手に実行させるのは監督の仕事です。選手は与えられたポジションで力を発揮するのが仕事で、ポジションを勝手に変えるのは選手の仕事から逸脱していると感じます。もし、ポジションを変わって良いのであれば、変わったときのプランを用意しておかなければなりませんが、ビジャレアルの試合を見ていると、プランが用意されているようには見えません。即興でプレーしているように見えます。

代表戦が行われる間、チームには修正する時間ができました。ここで修正できなければ、ヨーロッパリーグが開幕し、日程が過密になると、修正する時間がとれなくなってしまいます。ここでどう立て直すのか。監督の腕の見せどころでもあり、チームとしてどうするのか試されているとも感じます。

リーグ再開後の試合で、どんな試合をするのか楽しみです。

※なおこの記事は「投げ銭」制です。「よかった」と思ったら、課金していただくか、有料購読マガジンを購読頂けると嬉しいです。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第3節 ビジャレアル対ジローナ レビュー「修正するなら今しかない」

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
2

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています