見出し画像

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第18節 エイバル対ビジャレアル レビュー「僕が監督だったらどうするか」

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第18節 エイバル対ビジャレアルは、0-0の引き分けでした。

この記事は全文は無料でご覧頂けますが、投げ銭制を採用しています。もし気に行ったら、投げ銭して頂けたら嬉しいです。

今回は以下のようなテーマで書いています。

1.ボールが空中を行き交う試合
2.打たせるパンチは痛くない
3.嫌われるくらい極端なことをやらなければ、物事は変わらない

ボールが空中を行き交う試合

2018-19シーズンからリーガ・エスパニョーラを再び見始めましたが、こんなに空中をボールが行き交う試合は初めてかもしれない。試合を見ながら、そんなことを考えました。

空中をボールが行き交った要因は、エイバルが攻撃する時に、ロングパスを使って攻撃を仕掛けたからです。

エイバルがロングパスで狙っていた場所は、主に2箇所あります。

1箇所目はビジャレアルの中央のDFと、中央のMFの間。ビジャレアルの中央のMFはヘディングが強くないので、ここを狙ってロングパスを出します。ヘディングで競り勝って、ビジャレアルのDFの背後を狙うことに狙いを定め、攻撃を仕掛けました。

2箇所目はサイドのDFの背後です。エイバルの中央のDFがボールを持つと、逆のサイドのMFがビジャレアルのDFの背後に走ります。背後に走ったMFを狙って、エイバルのDFはロングパスを蹴ります。

エイバルのロングパスを活用した攻撃は、ビジャレアルを大いに苦しめました。苦しめた理由は、ビジャレアルのDFに足が速い選手が少なく、スピード競争になると不利だというのも要因ではあるのですが、これだけが原因ではありません。

この試合のビジャレアルは、4-2-3-1と言われるチームオーガニゼーションで戦いました。前節戦った4-4-2のチームオーガニゼーションを変更し、フォルナルスを「3」の中央で起用した要因は、エイバルのロングパス攻撃を予測し、ロングパスで攻撃を仕掛けてきたら、中央のMFがロングパスに対応し、競り合ってこぼれたボールをひろい、フォルナルスは2人のMFをサポートするように、2人からパスを受けるアクションをする。これが狙いだったのだ思います。

ただ、この対応は「ロングパスを蹴られる」ことを想定した対応で、どちらかというと、受け身の対応だといえます。本当は「ロングパスを蹴らせない」ための対応をしなければならないのですが、蹴られることを前提の準備をしているところに、今のビジャレアルの苦しさが現れています。

この試合のビジャレアルは、エイバルにいいように試合をコントロールされてしまいました。DF陣の奮闘と、GKのアセンホのシュートストップがなければ、確実に負けていた試合だと思います。

打たせるパンチは痛くない

今のビジャレアルは、開幕当初に選手たちに共有されていた「どう勝つのか」という点が共有されてないように見えます。

モハメド・アリの言葉に「打たせるパンチは痛くない」という言葉があります。

わざと打たせるパンチは、分かっているからコントロールできているし、痛みも軽減できますが、今のビジャレアルはガードを固めているように見えて、ボディががら空きになっているボクサーのようです。「パンチを打たれたくない」という意識が強くなりすぎて、ガードばかりしてパンチを打たれすぎだし、ボディが空いていることに気がついていません。

こういう状態のチームの監督は、守備も攻撃も問題が目につくので、どちらの問題も解決しようとしてしまい、結局問題が解決せずに積み上がっていき、ズルズルと順位を下げていくことがあります。

ビジャレアルの問題は攻撃なので、僕が監督なら攻撃を徹底的に改善するように取り組みます。ハーフラインを超えるために、どう人を動かし、パスコースを作るのか。サイドと中央からどうやってボールを運ぶのか、そして、ペナルティエリアにいかに侵入するのか。

僕なら「ペナルティエリアに侵入する」ためのトレーニングを徹底的にやります。ボールを、出して受けてを繰り返し、相手をいかに攻略するか。そして、どうやって攻略させないか。ゴール前のトレーニングは精度が求められるので、繰り返しトレーニングしていけば、他のエリアのプレーも改善されていくのではないか。そう思っています。

嫌われるくらい極端なことをやらなければ、物事は変わらない

今のチーム状態では、あれもこれもやったらダメです。一つに絞って改善させるしかありません。あと一つ加えるとしたら、セットプレーでしょうか。セットプレーとゴール前。僕ならしつこいくらいトレーニングします。全体を調整するのは、ゴール前のプレーが正確になってからでも、遅くはない。そう思います。

僕は「何かを変えなきゃならない」時、いつも名古屋グランパスの風間監督が語っていたこの言葉を思い出します。

嫌われるくらい極端なことをやらなければ、物事は変わらない

ボールを持ったら良いプレーができる選手は揃っています。でも、サッカーはチームプレーです。11人の歯車が上手くかみあって、初めて試合に勝つことができます。そして、選手は歯車である自分自身を思いっきり回さなければ、チームの力になることなんてできません。

僕は久しぶりに「自分が監督だったらどうするか」と考えながら試合を観ています。最近の川崎フロンターレの試合だと、もうどうするか分かっているので、観ていて正直面白くないところもありました。でも今のビジャレアルは違います。

自分が監督だったらどうするか。

そのことを頭に入れながら、残りの試合を観たいと思います。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第18節 エイバル対ビジャレアル レビュー「僕が監督だったらどうするか」

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

ピンチはチャンス
6

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つ のマガジンに含まれています