2018年J1第5節 川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島 レビュー「ミスをした人にこそチャンスを与えて欲しい」

2018年J1第5節、川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島は、1-0でサンフレッチェ広島が勝ちました。

素晴らしかったサンフレッチェ広島の守備

この試合は、サンフレッチェ広島の守備が素晴らしかったです。サンフレッチェ広島の守備が素晴らしかった点は、3点あります。

1点目は、川崎フロンターレの縦方向のパスに対する対応です。まず、FWのパトリックと工藤が、川崎フロンターレの谷口と車屋の間に立ち、中央縦方向へのパスコースを消します。2人は自陣ゴールを背にしながら、短い距離を保ち、縦方向のパスを消します。2人の間にはわずかに隙間が空いていますが、エドゥワルド・ネットや森谷が隙間でボールを受けようとしても、稲垣が素早く距離を詰め、ゴール方向を向かせません。特に工藤と途中出場した川辺の守備の貢献は素晴らしかったです。

2点目は、川崎フロンターレの後方向のパスに対する対応です。川崎フロンターレの選手が、後ろにパスをしたら、サンフレッチェ広島の選手は、パスに反応して、素早く移動し、距離を詰め、川崎フロンターレに相手ゴール方向にボールを運ばせませんでした。

3点目は、ボールが動くタイミングにあわせて動けていることです。ボールが動いた瞬間に、パスが出てくるコースを読んで、素早く距離を詰め、ボールを奪う。この守備をインターセプトと呼びますが、サンフレッチェ広島は、インターセプトの回数がJリーグ1位(4.3回)。フィールドプレーヤー10人が連動して、相手のパスコースを消し、苦し紛れに出したパスに対して、素早く反応してボールを奪っていました。

そして、パスコースを消す、ボールを奪うといったアクションの強度が高く、何度も繰り返し実行されていたのが素晴らしかったです。試合を見ながら、「アトレティコ・マドリー」みたいだなとも思いましたし、三冠達成時のガンバ大阪のサッカーを思い出しました。

三冠達成時のガンバ大阪に似ているパトリックに活用方法

ガンバ大阪に似ていると思ったのは、パトリックの活用方法が、当時のガンバ大阪と同じだったからです。

サンフレッチェ広島は、ボールを奪ったら、まずパトリックを見ます。パトリックは、右サイドに流れ、サイドバックの背後でボールを受けようと試みます。パトリックがボールを受けたら、サイドバックと1対1になることが多いのですが、サイドバックは身長も小さく、コンタクトに強い選手が少ないので、パトリックと競り合うと、ほぼ確実にパトリックが勝ちます。パトリックが競り勝ってキープしたボールを、柴崎、和田、青山といったボールを保持できる選手がキープします。ちなみにこのサンフレッチェ広島の攻撃は、ジエゴ・コスタを使って攻撃するアトレティコ・マドリーの攻撃と似ています。

サンフレッチェ広島の攻撃は、ゴールから遠い位置にボールを運ぶので、シュートチャンス自体は増えませんが、川崎フロンターレの攻撃の開始位置が下げさせられてしまいます。川崎フロンターレは攻撃開始位置を下げさせられ、何度も何度もサンフレッチェ広島の守備を攻略することにイチからチャレンジしなければならず、少しずつサンフレッチェ広島の守備にひっかかる回数が増えていきます。時間が経つにしたがって、サンフレッチェ広島が攻撃する時間が長くなったのは、川崎フロンターレの攻撃開始位置が押し込まれていったからだと思います。

川崎フロンターレはサンフレッチェ広島のようなチームに苦戦している

川崎フロンターレは、サンフレッチェ広島のような守備をするチームに、2018年シーズンはことごとく苦戦しています。セレッソ大阪、蔚山現代など、DFとFWの距離を短く保ち、縦方向のボールが出てくるタイミングにあわせて、素早く距離を詰め、ボールを奪う。負けている相手は、ほぼおなじ戦い方をしてきます。

2018年の川崎フロンターレは、中央を素早く攻撃しようとするあまり、ボールの近くに選手が集中しすぎたり、相手の背後を狙う動きが少なくなり、相手がボールを奪おうとする動きに捕まってしまう事があります。この試合も、家長が右から左に移ってボールを受けようとするのですが、選手が密集しているところに、更に選手が集まってしまうため、余計にボールを受ける場所がないという悪循環になってしまいました。

背後を狙う選手がおらず、選手が密集してしまうという問題を解決するために、後半15分に小林を入れたのですが、ほとんど効果的なプレーは出来ません。

さらに、守田を入れてDFを3人に変更し、エドゥワルド・ネットをより相手ゴール近くに移すことで、ボールを運んでもらおうとしたのですが、登里の負傷交代で、再び4-4-2に変更。そして、守田を慣れない左DFに入れたため、守備がチグハグになった結果、サンフレッチェ広島にさらに押し込まれてしまいました。失点後に、守田と谷口を中央のDFに変更し、車屋を左DFに変更し、DFからMFへのパスがスムーズになりましたが、解決策を見つけるまで時間がかかってしまったことは否めません。

中央から素早く攻撃しようという意識が仇になった

この試合の川崎フロンターレは、パススピードが遅かったことも気になりました。16:00キックオフで、水を撒いてもすぐに乾いてしまうというグラウンドコンディションも影響したと思います。普段なら、味方の足元に失速せずに届くパスが、この日は少し失速してから届いているように見えました。パススピードが遅かったことも、サンフレッチェ広島の守備が継続した要因だと思います。

そして、気になったのは、ペナルティエリア付近までボールを運んだあと、すぐにペナルティエリア付近にボールを運ぼうとしていたことです。普段なら、何度もパス交換して、相手を自陣深くに押し込んでから攻撃するのですが、この試合は慌てて相手ゴール近くにボールを運び、却ってミスしてボールを失う場面が目立ちました。

もしかしたら、中断期間中にボールを素早く相手陣内に運ぶという練習をしていたのかもしれませんが、ボールを素早く運ぶ場面と、そうでない場面を使い分けないと、相手にボールを奪われるきっかけを与えてしまいます。

サンフレッチェ広島の守備は素晴らしかったですが、人をボールの近くに集めているので、ボールとは逆のサイドや、DFの背後はスペースがありました。このスペースを有効に使って、相手を動かし、足を止めるという攻撃を仕掛けても良かったと思います。

川崎フロンターレなら出来ないプレーではなかったし、サンフレッチェ広島のような守備を攻略する時は、中央の攻撃を仕掛けつつ、相手が空けている場所を上手く使って、相手を動かし、後半に足を止めさせています。この日は、中央からの攻撃にこだわりすぎていると感じましたが、そこが残念でした。

ファウルと思ったプレーでファウルにならないと選手は不信感を抱く

この続きをみるには

この続き:2,809文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第5節 川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島 レビュー「ミスをした人にこそチャンスを与えて欲しい」

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

いま上手くいっている方法が、3年後も上手くいくとは限らない
10

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています