見出し画像

2019年サッカー関東リーグ2部第6節 クリアソン新宿対神奈川県教員SC レビュー

2019年サッカー関東リーグ2部第6節クリアソン新宿対神奈川県教員SCは、4-3でクリアソン新宿(以下、クリアソン)が勝ちました。

(このnoteは全文無料です)

この試合を観に行ったのは、先日クリアソンに訪問し、元フットサル日本代表の北原亘さんから井筒陸也さんをご紹介頂いたことがきっかけでした。

北原さんから質問攻めにあい、僕が冷や汗をかきながら答え、井筒さんは黙って聞いている。そんな1時間を過ごした後、クリアソンの試合の話になり、僕が「試合を観に行きます」と言ったのが、観に行ったきっかけでした。約束が果たせてよかった。

先に感想を言うと、試合面白かったです。戦術的に面白かったです。びっくりしました。

クリアソン新宿が披露した「偽サイドバック」

この試合で印象に残ったのは、クリアソンのボールを持っているときのサイドMFとサイドDFの位置です。

クリアソンはボールを持つと、サイドFがタッチライン付近まで移動します。サイドのDFは重ならないようにMFより中に移動します。これによって、中央のDF2人からサイドのMFへのパスコースを作り、サイドからボールを素早く運ぶことができます。

サイドのDFは本来は中央のMFの近くで、相手陣内にボールを運ぶプレーをサポートしつつ、相手にボールを奪われたあと、相手に中央からボールを運ばせないことが狙いです。

クリアソンが採用していた戦術は、ペップ・グアルディオラが採用して有名になった「偽サイドバック」という戦術に見えました。まさか関東リーグで「偽サイドバック」が見れるとは思いませんでした。このチームの志の高さにびっくりしました。

もちろん、課題もあります。3失点は全て「誰がどこまで守るのか」が曖昧になっていたことが要因でした。

サイドのDFは本来は中央のDFをサポートする位置にいなければならないのですが、サイドからボールを運ぶ動きをサポートしようと、サイドのMF同様にゴール近くまで動いてしまうので、サイドのMFが1対1になっているのに、2対2にしてしまい、ペナルティエリア内にパスを出すと、引き連れてきた相手に引っかかるという場面がありました。

また、ボールを奪われた後、神奈川県教員SCがサイドのスペースか、DFの背後を狙ってボールを蹴るので、ボールを奪いたい場所でボールを奪えない、という場面も見られました。そんなクリアソンの課題をついて、3得点を奪った神奈川県教員SCの戦いはお見事でしたが、2点を挙げながら、3点を奪われた前半は、クリアソンの可能性と課題の両方が現れた前半だったと思います。

後半に修正したクリアソン

後半に入ってから、神奈川県教員SCは4-3-2-1に見えるようになり、前の3人で攻撃し、4-3の7人で守るチームオーガニゼーションに変更します。クリアソンはサイドからボールを運ぶことが多いので、中央を守っていれば、失点する可能性は低いのではないかと考えたのだと思います。相手の対応を見て、クリアソンとしては、「2」で守っている両脇が空いているので、サイドからボールを運ぶスピードを上げ、相手を押し込み続けることを選択しました。

クリアソンは後半23分に1人目の選手交代を行い、井筒を左サイドのDFに移します。井筒が素早く相手陣内に運ぶプレーに対して、神奈川県教員SCはチームオーガニゼーション上空けているスペースを利用されていることもあり、対応が遅れてしまいます。相手が井筒からボールを運ぼうとしているので、マンマークとはいいませんが、井筒が活用したいスペースに人を立たせておいてもよかったかもしれません。

また、試合途中からクリアソンはボールを持っているときは、4-3-3に見える位置取りに変更します。この2つの変更によって、パスコースに顔を出す選手が増え、ボールがスムーズに相手陣内に運ばれるようになり、神奈川県教員SCを自陣に押し込んだ結果、終盤に2得点を奪って逆転することに成功しました。

印象に残った成山監督の行動

僕はクリアソンの成山監督の行動がとても印象に残りました。成山監督は、試合中ずっとタッチライン沿いに立っているのですが、大きな声で指示を出すことはほとんどありません。ずっと戦況を見守り、修正が必要であれば、給水のタイミングや、セットプレーのタイミングなど、確実に相手に伝わるタイミングで伝えていました。

リージョも「タッチライン際にいても選手には何も伝わらない」と語っていますので、成山監督の態度にとても好感がもてました。

関東リーグ2部とは思えないくらいレベルの高い試合

僕は関東リーグ2部を観に行ったのは初めてだったのですが、両チームの選手たちが11時キックオフという暑い時間帯の試合にもかかわらず、最後までアクションの頻度を落とさず、ミスなくプレーしていることに驚かされました。また、両チームの戦術レベルも高かっただけでなく、汚いファウルがほとんどなく、イエローカードが1枚だけ。審判の判定にミスもなく、関東リーグ2部ということを忘れるくらい、レベルの高い試合でした。

そして、神奈川県教員SCの選手たちは、選手交代時に副審に対しても握手を求めていたことに、とても共感を覚えました。昨今、審判の判定に対して、SNS上でミスを指摘するような選手がいたことを考えると、神奈川県教員SCの選手たちの対応は、プロ以上に素晴らしい姿勢を示したと思います。

僕は井筒さんが所属しているチームが、どんなチームで、どんなことを考えてチャレンジしているのだろうか。そのことを知りたくて、試合を観に行ってみたのですが、たしかにこのチームなら、サッカーだけでなく、様々な刺激を得て、成長できそうな気がするなぁと思いましたし、「自分が10歳若かったら...」とも思いました。

井筒さんは試合中も大きな声でチームメイトに声をかけ、ハーフタイム前には「いい話し合いをしよう!」と語っていました。前向きに、目の前の課題を解決するにはどうしたらよいか。そんなことをチームメイトに呼びかけているように見えました。その姿を見ていると、J2で去年までプレーしていたとか、そんなことは関係なさそうでした。

とてもよい刺激をもらいました。観に行ってよかったです。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

2019年サッカー関東リーグ2部第6節 クリアソン新宿対神奈川県教員SC レビュー

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

いま上手くいっている方法が、3年後も上手くいくとは限らない
11

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つ のマガジンに含まれています