2018年J1第12節 川崎フロンターレ対浦和レッズ レビュー「"良いファウル"と"悪いファウル"」

2018年J1第12節、川崎フロンターレ対浦和レッズは、0-2で浦和レッズが勝ちました。

素晴らしかった浦和レッズの守備

この試合は、浦和レッズの守備が素晴らしかったです。浦和レッズは守備の時は、5-3-2というフォーメーションで守ります。興味深いのは、守り方です。川崎フロンターレの選手に対して、ほぼマンツーマンでマークしていたのです。

FWの興梠とナバウトは、MFの柏木と協力して、谷口、奈良、ネットの3人に対応します。長澤は大島、青木は中村と、守備者が1人ずつ川崎フロンターレの選手に張り付きます。橋岡は車屋、エウシーニョには宇賀神、阿部には遠藤、家長には槙野、そして小林にはマウリシオといった具合です。

特に青木は、本来守るべき場所を捨ててでも、中村についていきましたので、前半15分くらいまでは、中村がサイドに移動すると中央が空く時がありました。ただ、中央が空いたら、マウリシオが小林へのマークを捨てて、思い切って前に出てきて埋めるため、なかなか中村が空けた場所を活用することも出来ません。

ネットには興梠、大島には長澤という守備が上手い選手がマークについたため、なかなか1対1で相手の守備をはがせなかった事も、川崎フロンターレとしては誤算でした。

普段は相手がマンツーマンでマークしてきたら、大島がドリブルで相手を外し、ボールを運んでくれたのですが、この試合は長澤の守備が素晴らしく、大島も普段通りボールを相手陣内に運ぶことが出来ませんでした。ネットも相手の守備に捕まってしまったため、無理して中央に縦パスを出す場面が増え、ますます相手に捕まるという悪循環にハマってしまいました。

ただ、長澤含めた浦和レッズの守備は素晴らしかったですが、本来の川崎フロンターレのコンディションであれば、十分攻略出来たと思います。

ただ、この試合は小雨が降っていたため、ボールスピードが上がりやすく、ボールが上手く止まらない場面が見られました。そもそも、今の川崎フロンターレは、ボールが止まらない選手が増えているという問題をかかえており、どうしても次のアクションが遅くなってしまうことがあるのですが、この試合は雨の影響で普段以上にボールが止まらず、浦和レッズの守備に捕まってしまう場面が見られました。

相手の背後を狙えなかった

普段通りボールが運べないのであれば、浦和レッズは川崎フロンターレの縦方向のパスに対してボールを奪いにきていたので、まずは相手の守備の背後を狙うことで、相手の守備の開始位置を下げさせるという方法もありました。ただ、川崎フロンターレというチームは、コンディションが悪いときや、これまでの試合で上手くボールを運べているときほど、相手の守備の背後を狙うという事を忘れがちです。

浦和レッズの守備は、川崎フロンターレの縦方向のパスに対してボールを奪いにきていたので、相手の勢いを利用して、背後に空いている場所にボールを蹴って、陣地を進め、相手がボールを奪いに来るアクションが止まってから攻撃を仕掛けるという方法を選択してもよかったと思います。実際、小林、家長、阿部といった選手が、相手の背後を狙うアクションを起こすことは、ほとんどありませんでした。

阿部に期待する「疲れているときほど背後を狙う」プレー

この試合のように、「ボールを受ける」アクションが少ない試合でこそ、僕は阿部にもっと「背後で受ける」アクションを繰り返してほしいのですが、この試合ではほとんど見られませんでした。

阿部という選手の数少ない欠点でもあるのですが、疲れているときはアクションが極端に減ってしまうので、どうしても守備者の間でボールを受けようとしがちです。

阿部は身体の使い方として、身体を縮める時に使う「屈筋」と呼ばれる筋肉を使って動く選手なので、どうしても疲れてくると、身体が縮こまってしまって上手く動けません。

したがって、コンディションが悪い時と良い時がよく分かる選手でもあるのですが、悪い時は思い切って「背後しか狙わない」と割り切ってくれたら、もっと相手にとって嫌な選手になると思いますし、この試合のように浦和レッズが守ってきても、対応出来るようになるはずです。

ボールとゴールの直線状に主審が立つのは止めて欲しい

試合の勝敗にはあまり関係ないのですが、一言書いておきます。

この試合の主審の動きを見ていて感じたのですが、川崎フロンターレの試合で主審を吹くなら、ボールとゴールの直線状に立たないで欲しいということです。

川崎フロンターレは、中央から相手ゴールに向かって直線を引くようにボールを運び、攻撃を仕掛けていくチームなのですが、主審によっては川崎フロンターレが狙いたいパスコースに立ち、パスコースを消してしまう主審がいます。正直、サッカーがどんな競技が分かっていたら、ボールとゴールの直線状に立つなってことはしないはずだと思うのですが、Jリーグではよく見かけます。

僕も主審をするからこそ言いたいのですが、ボールを持っている選手は、相手ゴール方向に向かってボールを運びたいはずなので、ボールと相手ゴールの間ではなく、相手ゴールから外れ、ボールを持っている選手の斜め横から判定出来るように動かないと、選手の邪魔をせずに判定出来ないと思うのですが、川崎フロンターレの試合を見ていると、ボールと相手ゴールとの間に立って、プレーを判断しようとする主審がいるときがあります。

僕が見ている限り、パスコースを消さずに対応してくれるのは、家本さんくらいです。家本さんは川崎フロンターレの選手の「外す」動きを見つつ、自身もステップを踏んで、パスコースを消さないように、移動しながら判定してくれます。家本さんのようなレフェリーがもっと増えてほしいと、この試合を見ていて感じました。

ここからは、有料になります。有料のエリアでは以下のことについて書いています。

・「良いファウル」と「悪いファウル」とは
・齋藤学はいつリミッターを振り切るのか
・コンディションが悪いのは選手だけじゃない

「良いファウル」と「悪いファウル」とは

この続きをみるには

この続き:2,548文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第12節 川崎フロンターレ対浦和レッズ レビュー「"良いファウル"と"悪いファウル"」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

ピンチはチャンス
6

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています