見出し画像

2019年J1第3節 ベガルタ仙台対ヴィッセル神戸 レビュー「テンポが違う選手をどう扱うのか」

2019年J1第3節、ベガルタ仙台対ヴィッセル神戸は、1-3でヴィッセル神戸が勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。途中までは無料で読むことができます。

4-4-2の意図と試合途中の変更の意図

この試合のポイントは前半12分にベガルタ仙台が先制点を挙げた後のヴィッセル神戸のチームオーガニゼーションの変更です。

この試合のヴィッセル神戸は、4-4-2のチームオーガニゼーションでスタートしました。FWは右に古橋、左にビジャを配置し、MFは左にイニエスタ、右にポドルスキ、背後に三田と山口を配置しました。

前節勝利した際に採用した4-2-3-1のチームオーガニゼーションを採用せず、4-4-2のチームオーガニゼーションを採用した意図として考えられるのは、ベガルタ仙台がボールを持ったときのパスコースを消そうとしたからだと思います。

ベガルタ仙台は5-4-1というチームオーガニゼーションで守っていたので、ボールを保持している時にもこのチームオーガニゼーションを採用するのだと想定していたのかもしれません。

ヴィッセル神戸の意図としては、ベガルタ仙台のDFの中央を務める大岩の両脇に古橋とビジャを配置。シマオ・マテと兵藤にイニエスタとポドルスキが対応し、大岩の両脇にいるDFから「ウイングバック」と呼ばれる両サイドのDFにパスを出させず、中央でボールを奪おうという意図だったのだと思います。

ところが、ベガルタ仙台はボールを持っているときに、シマオ・マテと兵藤が縦に並ぶように動き、兵藤は阿部と石原の横に立つように並びました。見た目によっては、5-3-2に見えるようなチームオーガニゼーションに変更したため、ヴィッセル神戸が意図したとおりに、パスコースを限定することはできませんでした。

この続きをみるには

この続き:2,308文字
記事を購入する

2019年J1第3節 ベガルタ仙台対ヴィッセル神戸 レビュー「テンポが違う選手をどう扱うのか」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
10

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つ のマガジンに含まれています