2018年J1第5節 川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島 プレビュー「どこまで無理をさせて、どこまで無理をさせないか。」

2018年J1第5節、川崎フロンターレの対戦相手はサンフレッチェ広島です。まずは、Football-Labのデータを元に、サンフレッチェ広島のデータから分かる特徴を紹介したいと思います。

対象は2018年のデータです。4試合のデータなので、サンプル数が少ないので、参考までに読んで頂けると幸いです。

プレビューで紹介する「2つの指標」

初めてこのプレビューを読んだ方向けに説明させて頂くと、僕のプレビューでは2つの指標を元にチームの特徴を分析しています。(今シーズン3回目なので、念のため。ご存じの方は読み飛ばして頂けたら幸いです。)

1つ目は、「チャンス構築率」。これは、シュート数を攻撃回数で割った指標で、1回の攻撃でどのくらいの確率でシュートチャンスを作れるかを把握するためのデータです。このデータから、チームのビルドアップ(攻撃の開始からシュートチャンスを作るまで)の特徴を把握することが出来ます。

2つ目は、「シュート決定率」。これは、得点数をシュート数で割った指標で、何本シュートを打てば得点を奪えるのか、把握することが出来ます。

2つの指標ともに、10%を目安にしています。守備では「被シュート構築率」「被シュート決定率」という指標に着目することで、シュートチャンスを作らせない守備がどのくらい出来ているのか、得点を奪われない守備が出来ているのかを把握することが出来ます。

ドリブルが少ないのに、直接フリーキックの回数が多いサンフレッチェ広島

Football-Labのデータによると、サンフレッチェ広島の「チャンス構築率」は8.9%でリーグ14位。攻撃回数は、125.8回でリーグ13位、シュート数は11.3本でリーグ14位です。

攻撃回数も少なく、チャンス構築率も少ないというデータから分かることは、自陣からボールを相手陣内に運ぶプレーが上手いチームではないという事です。ペナルティエリアとハーフラインの中間辺りを示す、「30mラインの進入回数」は1試合平均37.5回でリーグ13位、ペナルティエリア進入回数(Webサイトリニューアル後、このデータが見れるようになりました)が12.5回でリーグ13位、ボール支配率は41.6%でリーグ16位。こうしたデータからも、ボールを保持する時間が長く、自陣からボールを相手陣内に運ぶプレーが上手いチームではないということが読み取れます。

ただ、攻撃のデータを詳しく分析すると、1試合平均のドリブル回数が12.3回でリーグ10位にもかかわらず、1試合平均の直接フリーキックの数が17.3回でリーグ3位。これは、2つの要因が考えられます。

この続きをみるには

この続き:2,039文字
記事を購入する

2018年J1第5節 川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島 プレビュー「どこまで無理をさせて、どこまで無理をさせないか。」

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
2

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つのマガジンに含まれています