2018年J1第20節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス レビュー「新入社員は新しい金魚」

2018年J1第20節、川崎フロンターレ横浜F・マリノスは、2-0で川崎フロンターレが勝ちました。

この試合は、前半の給水タイム後の配置変更、横浜F・マリノスの左サイドからの攻撃に対して、阿部を右に入れ武岡を入れて相手の攻め手を封じた鬼木監督の采配や登里の守備も光ったのですが、僕は違う点に絞ってレビューを書きたいと思います。

良いプレーもあったけど、相手に捕まってしまった守田

この試合は途中から守田のプレーに注目して見ていました。守田に注目するようになった理由は、試合開始直後から給水タイムになるまで、川崎フロンターレは横浜F・マリノスの守備に捕まり続けたからです。捕まっている要因はいくつかあるのですが、要因の1つが守田でした。

川崎フロンターレでは、谷口や車屋がボールを持ったとき、守田が2人の間に移動します。FW2人で守ることが多い相手に対しては、3人で数的優位を作り、空いている選手を上手く活用しながら、相手ゴール方向にボールを運んでいきます。

しかし、この試合の横浜F・マリノスは、両サイドのFWを務める仲川と遠藤が、谷口と車屋をマークし、サイドへのパスコースを消します。守田と大島には天野と大津がマンマーク気味にマークし、中央から攻撃させないように守ります。喜田は中村をマークしつつ、中央のエリアからあまり動きません。喜田の横が空きやすい守り方をしているのですが、そのことは織り込み済みで、パスが通ったら、サイドのDFか中央のDFが前に出て守ろうとします。

横浜F・マリノスの守り方に捕まっていたのが、守田でした。守田がボールを持つと、FWの伊藤と天野が挟み撃ちにしてボールを奪おうと守るのですが、前半の守田はこの挟み撃ちの守備に捕まってしまい、何度かボールを奪われてしまいました。守田がボールを奪われた要因としては、小林、阿部、家長の3人が相手を外してボールを受けられる位置にいないので、一瞬判断が遅れたからというのも要因なのですが、エドゥアルド・ネットの代わりに出場するのであれば、このくらいの守備は外して欲しいなぁと思います。

ただ、1点目につながった家長へのパスは見事でした。動いている家長のスピードを落とさず、足元に正確に出したパスは、守田という選手がいかに素晴らしい選手かを示しています。このプレーで、守田のプレーが変わるのかなと思って見ていたのですが、相変わらず横浜F・マリノスの守備に捕まっていたので、川崎フロンターレは対策を施します。

この続きをみるには

この続き:3,066文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第20節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス レビュー「新入社員は新しい金魚」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
7

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

パフォーマンス向上、ファンエンゲージメント、マーケティングとスポーツ産業のあらゆる局面でその存在感を示しつつあるスポーツアナリティクスについて、最新情報、分析するための具体的な方法をご紹介します。
2つのマガジンに含まれています