2018年J1第34節 川崎フロンターレ対ジュビロ磐田 レビュー「未来への第一歩は痛みを伴う」

2018年J1第34節、川崎フロンターレ対ジュビロ磐田は2-1で川崎フロンターレが勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。「1」は無料でどなたでも読むことができます。

1.FWとMFが連携できていないジュビロ磐田の守備
2.知念がゴールから遠い場所でボールを受ける理由
3.未来への第一歩は痛みを伴う

FWとMFが連携できていないジュビロ磐田の守備

この試合を見ていて気になったのは、ジュビロ磐田の守備です。

ジュビロ磐田が守備をしているとき、右MFの中村俊輔がDFの位置まで下がってしまう場面が何度も見られました。中村俊輔がDFの位置まで下がってしまうと、中村俊輔が本来守るべき場所にスペースが生まれてしまいます。

実際そのスペースの存在に気がついた中村憲剛と谷口は、前半10分過ぎからこのスペースからDFの背後を狙う登里と長谷川にパスを出し、ジュビロ磐田の守備を攻略しよう攻撃を仕掛けました。

前半30分過ぎに中村憲剛が登里にパスを出して、登里が背後をとった場面が2回あるのですが、この場面から川崎フロンターレはこの場所に狙いを絞って、徹底的に攻撃を仕掛けました。そして、ジュビロ磐田は試合を通して、このスペースを活用した川崎フロンターレの攻撃を止めることができませんでした。

長谷川の試合後のコメントを読むと、チームとして背後を狙うことを意識していたことが読み取れます。では、なぜジュビロ磐田は修正できなかったのでしょうか。

ジュビロ磐田の守備を見ていて気になったのは、FWの川又の守備です。川又がMFやDFの立場で見ると、「いて欲しい場所にいない」のです。いて欲しい場所にいないだけでなく、ボールを奪うアクションもたまにやるだけで、チームとして戻って欲しい場所に戻るのも遅い。パスコースを消すようなアクションもほとんどやりません。

海外サッカーを見ていると、海外のリーグのFWは守備もしっかりやります。最近見ているビジャレアルやアヤックスのFWは、本当に守備が上手いです。守備をしないと言われるメッシやクリスティアーノ・ロナウドといった選手たちも、最低限「いて欲しい場所」にはいます。

川又がボールを奪ったり、パスコースを消すアクションをしてくれないので、ジュビロ磐田のMFとDFは、ボールを奪いにいくタイミングをはかることができません。

タイミングがはかれないので、仕方なく田口がボールを奪いにいったり、上原がボールを奪いにいったりするのですが、単独で動いているだけで、他の選手はタイミングを合わせて動けていないので、ボールを奪うことができません。むしろ、ボールを奪いにいこうとすればするほど、外されてしまいます。

また、中村、田口、山田といった選手は、ボールを持つのは得意ですが、奪うのはそこまで得意な選手ではありませんし、ボールを奪うアクションを何度も繰り返せる選手でもありません。したがって、ボールを奪いにいって奪えないと、一度止まって、再び動き始めます。ただ、この「止まる」動きが入ってしまうため、川崎フロンターレのパス交換に対応できず、スペースを活用されてしまうのです。

川又と比較すると、大久保は献身的に守備をしていると感じました。相手のパスコースを読み、タイミングよくパスコースを消して、味方にボールを奪わせる。そんな場面が何度も見られました。また、大久保は守備時にスペースが開かないように、何度も動き直して、丹念にスペースを消していました。川崎フロンターレの攻撃が左サイドからが多かったのは、大久保と川又の守備の違いによるところも要因だと思います。

ジュビロ磐田は中村俊輔を交代させたり、DFを5人にしたりして、どうにか川崎フロンターレの左サイド(ジュビロ磐田の右サイド)の守備を改善させようと試行錯誤していました。

ただ、ジュビロ磐田の問題は、サイドの守備だけではなく、守備のアクションの起点となるべきFWがきちんと守備をしていなかったことが要因でした。守備をきちんとしていた大久保の途中交代は、この試合を振り返る上でポイントとなる出来事だったと思います。

知念がゴールから遠い場所でボールを受ける理由

僕が最近気になっているのは、知念のプレーです。この試合は90分出場してシュート1本。コーナーキックをあわせたシュートと、オウンゴールにつながったシュート以外にシュートチャンスに関わる回数は少なかったかもしれませんが、知念のプレーを見ていて、「上手くなったなぁ」と感じていました。

この続きをみるには

この続き:2,852文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第34節 川崎フロンターレ対ジュビロ磐田 レビュー「未来への第一歩は痛みを伴う」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
14

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています