2018年J1第10節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー「後半にアクセルを吹かす余裕がある」

2018年J1第10節、サガン鳥栖対川崎フロンターレは、2-0で川崎フロンターレが勝ちました。

勝敗を分けた前半の戦い方

この試合の勝敗を分けたのは、前半の戦い方でした。

川崎フロンターレのスターティングメンバーは、前節の鹿島アントラーズ戦と同じでしたが、ベンチには、この試合から復帰した、大島と小林がいました。この2人の代わりに出場しているのは、知念と守田。したがって、後半になったら2人を出場させて、得点を奪い、勝負を決めよう。そう考えていたと思います。

サガン鳥栖は、もちろん、川崎フロンターレのゲームプランは承知しています。したがって、前半に得点を奪い、川崎フロンターレのゲームプランを狂わせようと、前半から仕掛けてきました。

サガン鳥栖は、試合前に想定されていた「5-3-2」ではなく、「4-1-4-1」というフォーメーションで試合に臨みました。

小野がエドゥワルド・ネットに対応し、福田がエウシーニョに対応する場面が多く、「4-4-2」や「5-3-2」のように見える場面もありましたが、川崎フロンターレの中央からの攻撃を警戒しつつ、川崎フロンターレのDFがボールを持ったら、素早く距離を詰め、ボールを奪おうとし、実際に何度かボールを奪ってみせました。

サガン鳥栖はボールを持ったら、ロングパスを活用して、相手陣内にボールを運ぼうとします。特に狙っていたのは、谷口と車屋の背後です。

2人とも、自分の背後を狙ったパスに対して、ボールにばかり注視して、相手を視野に入れずにボールを追ってしまうため、相手に先にボールを触られることがあります。サガン鳥栖は、そんな谷口と車屋のプレーの特徴を踏まえて、谷口と車屋の背後を狙ってきました。

サガン鳥栖の攻撃は、効果的だったと思います。2017年までなら。

僕が書いた谷口と車屋の特徴は、2017年までは欠点となり得ましたが、2018年の2人は、もうそんな単純なロングパスでは崩れません。車屋と谷口は、試合途中で自分たちの背後を狙っていたのは、分かっていたと思います。高いパスには谷口が対応し、車屋は背後を守る。車屋がボールを奪いにいったら、谷口が背後を守る。2人が連携して守ることで、サガン鳥栖は次第にボールを相手陣内に運べなくなってしまいました。

ロングパスを活用してくるチーム相手にやるべき事

ロングパスを活用した攻撃を仕掛けてくるチームとの対戦で優位に試合を進めるには、2つやらなければならない事があります。

1つ目は、ボールを奪ったら、味方にボールを渡し、相手にすぐに奪い返されないようにすること。相手は、ロングパスが直接味方につながらなくても、相手のミスを誘ってボールを奪い、相手ゴール近くでプレーする事が狙いなので、ボールを出来るだけ渡さないこと。DFが足を止めずに、ボールを受ける動きを繰り返して、ボールを受ける事が大切です。

2つ目は、MFが素早くDFの近くに戻って、ボールを受けることです。DFだけで、相手の守備をかいくぐることは出来ません。MFが素早くDFの近くに寄り、ボールを受けることが求められます。MFが近くに寄らなければ、せっかくボールを奪っても、自分たちが攻撃を仕掛けることは出来ないからです。

エドゥアルド・ネット、守田の2人は、粘り強く、相手のロングパスに戻るという作業を繰り返していましたし、中村、家長、阿部といった選手たちも、きちんとロングパスにあわせて戻っていました。

この作業は地味な作業で、疲れるのですが、この地味な作業がきちんと出来るかで、チームの力が現れます。サガン鳥栖に取り返される場面もありましたが、時間が経つについて、次第に川崎フロンターレがボールを保持する時間が長くなっていきました。

この試合のサガン鳥栖のように、前半からロングパスで攻撃を仕掛け、DFがボールを持ったら素早く奪いにくるチームに対しては、DFへの負担が非常に大きくなります。

地味ですが、味方がボールを奪おうとしたら、連動して前に動いたり、ロングパスを蹴られたら素早く下がる。サイドにパスが出たら、素早く移動して寄せる。こうした、ボールを奪う前に行っている地味な動きの繰り返しをきちんと出来るかが問われますし、DFの腕の見せどころです。

鬼木監督が就任して以降の川崎フロンターレは、こうした「ボールを奪う前の動き」をきちんと実行出来るチームになったなぁと思います。特にエウシーニョ、奈良、谷口、車屋の4人は、サボりません。相手のロングパスを活用した攻撃を、上手く跳ね返しているように見えるのは、「ボールを奪う前の動き」の質が高いからだと思います。

左に攻撃が偏らなくなった要因

川崎フロンターレは、ボールを保持してからは、無理してサガン鳥栖のゴール前にボールを運ぶというよりは、左右にボールを動かして、攻撃を仕掛けます。

サガン鳥栖は「4-4-2」で守っていますが、以前のサガン鳥栖ほど、「4-4-2」で守るときに、選手が連動して守れてはいませんので、前半終了間際から、左右にボールを動かすと、ペナルティエリアの前にボールが受けられるスペースが空くようになってきましたので、川崎フロンターレとしては、後半に小林と大島を入れて、仕留めるだけでした。狙い通りだったと思います。

2018年シーズンの川崎フロンターレは、「左サイドに攻撃が偏る」という問題が起きていたのですが、前節の鹿島アントラーズ戦あたりから、大分問題が解消されています。解決策の1つとして実施しているのは、「ボールを保持しているときに、中村憲剛が右に動く」という動きです。

ボールを保持しているとき、エドゥアルド・ネットが谷口と奈良の間に動きます。エドゥアルド・ネットの前に守田(大島)がいるのですが、大島が出場していた時は、エドゥアルド・ネット、大島、中村の3人が直線で並んでいるため、左右のパスコースがなくなっているように見えました。

しかし、鹿島アントラーズ戦以降は、エドゥアルド・ネットがDFの間に移動すると、中村と守田(大島)がエドゥアルド・ネットの近くに移動します。ポジションは、守田が左で、中村が右。逆正三角形のような形を取ることで、エドゥアルド・ネットからのパスコースが増えました。また、中村が空けた中央のスペースは、知念が受けに来たり、家長が受けに来たり、阿部が受けに来たりといった具合に、選手がボールを受ける場所が自然と生まれ、パス交換のテンポが速くなり、スムーズにボールが動くようになりました。

ここからは、有料になります。有料エリアでは、

「ドン底の知念が得たもの」
「コンディション管理が上手く行っている要因」
「新しい課題」

の3点について書いています。

ドン底の知念が得たもの

この続きをみるには

この続き:1,877文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第10節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー「後半にアクセルを吹かす余裕がある」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
2

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています