2017年J1第1節 大宮アルディージャ対川崎フロンターレ レビュー「変わらなければならない家長」

2017年Jリーグ第1節、川崎フロンターレ対大宮アルディージャは、2-0で川崎フロンターレが勝ちました。

前半3分に小林がクロスバーを直撃するシュートを打つまでは、川崎フロンターレのペースでした。しかし、時間が経つにつれて、大宮アルディージャの守備に捕まってしまいます。大宮アルディージャが選手間の距離を狭くし、ボールを持っている選手に対して素早く距離を詰め、川崎フロンターレの選手に自由にプレーさせなかったというのも捕まった要因です。しかし僕は、大宮アルディージャの守備が良かったというよりは、川崎フロンターレのパスを受ける選手の動きが少ない事が、大宮アルディージャの守備に捕まっている要因だと感じていました。

川崎フロンターレのパスを受ける選手の動きが少なかったのは、ある選手の動きが少なく、他の選手がその選手につられて、動きが少なくなってしまっていたからです。

この続きをみるには

この続き:5,027文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2017年の川崎フロンターレは、初のリーグ優勝という結果で幕を閉じました。ラスト14戦は11勝3分という驚異的な成績で勝ち取ったリーグ...

または、記事単体で購入する

2017年J1第1節 大宮アルディージャ対川崎フロンターレ レビュー「変わらなければならない家長」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

ピンチはチャンス
5

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

川崎フロンターレ 2017年Jリーグ 全試合レビュー

2017年の川崎フロンターレは、初のリーグ優勝という結果で幕を閉じました。ラスト14戦は11勝3分という驚異的な成績で勝ち取ったリーグ優勝したシーズンの試合を、全試合詳細な解説で振り返ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。