サッカー日本代表対ガーナ代表 キリンチャレンジカップ2018 レビュー

キリンチャレンジカップ2018、サッカー日本代表対ガーナ代表は、0-2でガーナ代表が勝ちました。

この試合のポイント3点

この試合のプレビューで、僕は「試合のポイント」として、以下の3点を挙げました。

・チームが何をしようとしているのか
・選手が「繰り返し行っている動き」は何か
・どこでミスをしているか

この3点に基づいて、試合を振り返ってみたいと思います。

チームが何をしようとしていたのか

1点目は、「チームが何をしようとしているのか」です。この点については、攻撃時のプレーで印象に残った点を紹介したいと思います。

攻撃時のチェックポイントとして紹介したのは、「センターライン」「ペナルティエリア」というフィールドに線が引かれている場所です。

「ペナルティエリア」は、「自陣ペナルティエリア」と「敵陣ペナルティエリア」の2箇所に分けることが出来ます。チェックポイントとして、この3箇所を挙げたのは、線が引いてあるからです。人は目に見える「区切り」

この3箇所をチェックポイントを、どう越えようとしているのか、何回越えたのか、越えるのにどのくらい時間がかかったか、越えたのはサイドからなのか中央からなのか、といった点をチェックすれば、攻撃時にチームが何をしようとしているのかチェック出来ます。

この試合、日本代表は攻撃時は3-2-5、守備時は5-4-1というフォーメーションに変えながらプレーしていました。

ポイントになったのは、左の長友、右の原口(後半は酒井高徳)が務めていた、「両ウイングバック」のポジションです。ガーナ代表が「4-3-3」というフォーメーションで守るのですが、日本代表と相対すると、日本代表のFWの位置に、ウイングバックの2人と、大迫(武藤)、本田(岡崎)、宇佐美(香川)という3人の、合計5人が並びます。ガーナ代表はDFが4人なので、FWとDFの人数では、日本代表が優位に立ちます。この「ミスマッチ」を使って上手くボールを運ぶことが、日本代表の狙いでした。

ただ、ミスマッチを上手くつくためには、ガーナ代表のFW3人に対して日本代表のDFが3人の数的同数、ガーナ代表のMF3人に対して、大島と山口の2人なのでMFの位置はミスマッチになります。

ただ、MFの位置には、本田(岡崎)、宇佐美(香川)、の2人が上手くボールを受けて、数的同数もしくは数的優位を作れば、中央からもボールを運ぶことが出来ます。中央とサイド、それぞれ日本代表は明確にボールを運ぶプランを持って、試合に臨んでいました。

試合を通して、日本代表はサイドからはボールを上手く運ぶことが出来ていました。

特に吉田のパスやボールを運ぶときのドリブルで相手の守備を外すことが出来ていたため、相手の左FWが吉田をマークするより原口(酒井高徳)を気にしてしまい、DFの位置まで下がってしまうので、日本代表は右サイドから相手陣内にボールを運ぶ回数が増えました。ミスマッチを活かして、ボールを運ぶプレーは上手く出来ていたと思います。

一方で、中央からボールを運ぶプレーは、上手くいきませんでした。ガーナ代表は4-3-3というフォーメーションで守っているので、中央のMFの両脇にはスペースが空くことが多く、ボールが受けやすいポイントなのですが、この試合では、本田(岡崎)、宇佐美(香川)がこのポイントを狙って動くことは少なく、なかなか中央から攻撃出来ませんでした。

本当ならもっと横方向のパススピードを早くして、相手を動かし、相手の動きが止まることによって生まれたスペースを活用して、縦方向へのパスを出して、中央からの攻撃を仕掛けたいのですが、この試合は横方向のパススピードが遅く、なかなか相手を動かすことが出来ず、中央からのパスでペナルティエリア内に侵入することが出来ず、サイドからのパスは相手に跳ね返されてしまいました。

パススピードが遅かった要因としては、まだまだ攻撃時に「どう攻めるのか」という手順が整理されておらず、選手が考えながら動いているため、どうしても動きにあわせようとすると、パススピードが遅くなってしまうのだと思います。

この試合のパススピードでは、ワールドカップで戦う3チーム相手だと勝負にならないので、ここは改善して欲しいと思います。

選手が「繰り返し行っている動き」は何か

2点目は、選手が「繰り返し行っている動き」は何か、です。この点については、守備時のプレーで印象に残った点を紹介したいと思います。

守備時で印象に残ったのは、「ボールを奪おうとする位置」です。ハリルホジッチが監督を務めていた頃は、相手DFがボールを持ったら素早く距離を詰め、ボールを奪い返そうとしていました。

ところが、この試合では、ボールを奪おうとアクションを起こすのは、ガーナ代表がセンターラインを越えようとしている辺りで、ボールを素早く奪い返すというよりは、「まずは守るべき位置に戻る」ことを優先しているように見えました。

守るべき位置までまずは戻り、相手が自分が守っている位置に侵入しようとしてきたら、素早くボールを奪い返す。このプレーを繰り返し実践していました。

ハリルホジッチが監督を務めていたときとは、明らかにボールを奪い返そうとする位置が、自陣ゴールに近くなりました。ただ、自陣ゴールに近くなりましたが、自陣ペナルティエリア付近には、5人のDFが守っているので、簡単には中央から攻撃させることは許しません。

一方で、前半は右ウイングバックの原口が本来守るべき位置より前で守ってしまうので、相手に背後でボールを受けられて、シュートチャンスを作られてしまう場面がみられました。後半の酒井高徳に代わってからは、このミスは修正されたので、原口個人の問題だったと考えられます。

一方で、DFが「守るべき場所」を意識するあまり、ボールとは関係なく自陣ゴール付近に下がってしまい、FWとDFの縦の距離が広がってしまい、ガーナ代表にボールを受ける場所を与えてしまっていることがありました。

試合を観ていると、吉田、長谷部、槙野のボールを奪いたい位置、ボールを奪おうとするときのアクションのタイミングには、まだまだズレがあり、上手くいっているとはいえません。

ボールを奪えそうな場面で奪えなかったり、相手の縦方向のパスに素早く身体を寄せきれない場面があったのは、まだまだチームとして「いつボールを奪いに行くのか」が合ってないからだと思います。

選手が「どこでミスをしているか」

3点目は、選手が「どこでミスをしているか」です。僕は試合前は、もっと自陣ゴール近くでのミスが増え、相手にシュートを打たれる場面が増えるのではないかと思っていました。

ところが、ミスが多かったのは、センターラインから相手陣内ペナルティエリアの間で、思っていたより相手陣内でミスが多かったのは意外でした。ガーナ代表のレベルが低かったわけではないので、正直驚きました。

選手全員が合流したのは試合5日前だったので、5日間で確認できたのは「どこでプレーするのか」「どうボールを運ぶのか」「どう守るのか」という点において、最低限やって欲しい動きだけだったと思います。

したがって、ここから「どう奪うのか」「どう攻略するのか」という、相手陣内ペナルティエリアにいかに侵入するか、自陣ペナルティエリアにいかに侵入させないか、というプレーについて精度を高めていくのは、これからだと思います。だから、ある程度出来ていたことに、僕は驚いたのです。

試合を観ながら思い出した「あるチーム」の戦い方

もしかしたら、この試合の日本代表を観ていたサポーターは、あるチームの戦い方を思い出した人もいたかもしれません。

この続きをみるには

この続き:1,102文字
記事を購入する

サッカー日本代表対ガーナ代表 キリンチャレンジカップ2018 レビュー

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
4

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

パフォーマンス向上、ファンエンゲージメント、マーケティングとスポーツ産業のあらゆる局面でその存在感を示しつつあるスポーツアナリティクスについて、最新情報、分析するための具体的な方法をご紹介します。
1つのマガジンに含まれています