風間八宏が名古屋グランパスを選んだ理由を考えた

2017年シーズンから、風間八宏さんが名古屋グランパスの監督に就任して1年が経ちました。2017年シーズンは、名古屋グランパスのレビューやプレビューを書いていたのですが、2018年シーズンは書いていません。それでも、Twitter経由でこんな質問をいただきました。

この質問を頂いた時、僕は普段よりも回答に悩み、簡単に投稿出来ませんでした。そして、何日も考えた結果、どうせ書くならきちんとnoteに書こう。そう考えました。

なお、ここからは有料になります。続きを読みたい方は、継続課金マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読してください。この記事だけ読みたい方は、note単品での購読も可能です。ぜひ購読して頂けるとうれしいです。

(ただし、これから書く話は、西原の個人的な見解になりますので、所属している会社や広報活動をサポートしている日本スポーツアナリスト協会の見解ではありませんので、ご了承ください。)

目次
・チーム作りの進め方は変わっていない
川崎フロンターレと名古屋グランパスのサッカーの違い
・風間さんがやりたくても出来なかったサッカー
・風間さんが名古屋グランパスを選んだ理由

この続きをみるには

この続き:3,764文字
記事を購入する

風間八宏が名古屋グランパスを選んだ理由を考えた

西原雄一

280円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

ピンチはチャンス
4

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つのマガジンに含まれています