谷口彰悟が歩んできたタフな4年間と今後に期待すること

川崎フロンターレのDFとして欠かせない存在である谷口彰悟。谷口ほど、人から見ていて完璧だと思える選手はいないかもしれません。

足も速く、ボール扱いも上手く、DF、MFの複数のポジションをそつなくこなし、サポーターへの対応もよく、そしてイケメンで、付き合っている女性は(以下、自粛)と、全ての面でそつなくこなす優等生タイプだと思われていますし、谷口に悩みなどないのではないか。そう思う人もいるかもしれません。

ただ、川崎フロンターレのサポーターでも忘れかけていると思いますが、真面目で優等生タイプ(に見える)谷口が、髪の色を変えた事があります。しかも、2回。

1回目は、2014年第22節の名古屋グランパスとのアウェーゲームの前に、急に金髪に近い色に変更しました。前節の横浜F・マリノス戦の前に色を変えたのですが、前節は発熱のため欠場。名古屋グランパス戦の後は色を戻しました。

2回目は、2016年第1節のサンフレッチェ広島戦の直前に、白に近い金髪にしたときです。目がくらむほど白い金髪にした時、誰もが目を疑いました。優等生タイプの遅れてきた反抗期なのかと思った人もいるかもしれません。

谷口が髪の色を変えた時、浦和レッズの試合をよく観に行っている会社の同僚が言った一言をよく覚えています。彼はこう言いました。

谷口は現状を打開したいのかもね

この続きをみるには

この続き:2,476文字
記事を購入する

谷口彰悟が歩んできたタフな4年間と今後に期待すること

西原雄一

280円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

いま上手くいっている方法が、3年後も上手くいくとは限らない
3

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つのマガジンに含まれています