リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第5節 ビジャレアル対バレンシア レビュー「すぐに物事は良くならない」

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン第5節、ビジャレアル対バレンシアは、0-0の引き分けでした。

ビジャレアルは9月20日(木)にヨーロッパリーグを戦いました。相手はグラスゴー・レンジャーズ。結果は2-2の引き分けでした。

カルロス・バッカのゴールで先制したあと、ボールを保持して試合をコントロールしたのですが、後半22分に追いつかれてしまいます。後半24分に勝ち越しましたが、すぐに追いつかれて引き分け。レンジャーズには5本のシュートしか打たせなかったことを考えると、もったいない引き分けだと言えます。

得点が奪えないビジャレアル

ビジャレアルは第4節を終えて、1勝1分2敗。リーグ戦の得点はわずか2得点。ヨーロッパリーグの得点とあわせても4得点で、得点を挙げている選手はバッカとモレーノの2人しかいません。

いかにシュートチャンスを作り出し、得点を挙げるか。ビジャレアルの課題は第4節やヨーロッパリーグを見ていると解消しつつあるように見えますが、バレンシアのように実力あるチームとの対戦で、どこまで課題が解消されているか注目していました。

ビルドアップの方法を変更したビジャレアル

ビジャレアルはこの試合は「4-4-2」というチームオーガニゼーション(フォーメーション)で戦います。MFは右からフォルナルス、トリゲロス、フネス・モリ、ラユンの4人。FWにはバッカとモレーノが起用されました。

レンジャーズ戦からビジャレアルはDFがボールを持ったときの配置をすこし変えました。中央のMFを務めているフネス・モリが中央のDFの間に下がり、DFからMFへのパス交換をサポートするようになったのです。

この変更は効果がありました。ビジャレアルはこれまでDFからMFへのパスが遅く、なかなか相手陣内に素早くボールを運ぶことができませんでしたが、この変更によって、これまでの試合とは異なり、素早く相手陣内にボールを運べるようになりました。

ハーフラインは超えても、ペナルティエリアには入れない

ただ、問題はここからです。ハーフラインを超えて、ペナルティエリアに侵入するためには、相手の守備を外してボールを受ける選手や、ドリブルでボールを運んで相手の守備を攻略する選手が必要ですが、ビジャレアルの選手でバレンシアの守備を攻略できるような選手がいないのです。

バッカがFWを務めたことで、せっかくボールを運んでも、中央に誰もいないという問題はなくなりました。ただ、モレーノはペナルティエリア右からの左足のシュートは上手いですが、それ以外のプレーはそこまで上手い選手ではありません。サイドのMFにドリブルが上手な選手や足が速い選手もいないので、サイドからボールも運べない。なんとなくボールを持っているけど、相手の守備を攻略できずに、時間だけが過ぎていってしまいました。

後半13分にバレンシアのバレホにレッドカードが出され、ビジャレアルは数的優位に立ちました。ただ、バレンシアはFWを少なくしただけで、MF4人、DF4人という人数は変わらなかったので、ビジャレアルとして相手の守備が攻略しやすくなったわけではありません。

ビジャレアルはカソルラとエカンビを入れて得点を奪おうと試みますが、エカンビに代わったのはバッカだったので、バッカを代えたことでゴール前に選手がいなくなってしまい、シュートチャンスは交代前より少なくなってしまいました。

採用しているチームオーガニゼーションは適切か?

5試合を終えて、1勝2分2敗。得点が2点しか取れていないという点からも、攻撃に問題をかかえているのは明らかです。守備は5試合で3失点。第1節以降は1失点しかしていませんので、攻撃の問題を解決することが、勝ち点獲得の近道です。

ビジャレアルの監督は、どうも「4-4-2」というチームオーガニゼーションにこだわりがあるように思えますが、選手のプレーをみていると、4-4-2ではなく、4-3-3というチームオーガニゼーションの方が、選手の力を出せる気がします。

カソルラやフォルナルスといった選手が、サイドのMFで起用されているにもかかわらず、攻撃時に中央でプレーしているのをみていると、ポジションと起用する選手がマッチしていないように見えるのです。

監督が理想としている戦い方はあるのでしょうが、なかなか試合で表現できていないというジレンマが続いています。失点が少ないのでどうにか踏みとどまっていますが、チームとしてはこのままズルズルと問題をそのままにしておきたくはないはずです。

次の試合はすぐにやってきます。どう修正するのか楽しみです。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第5節 ビジャレアル対バレンシア レビュー「すぐに物事は良くならない」

西原雄一

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
5

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つ のマガジンに含まれています