見出し画像

リーガ・エスパニョーラ 2019-20シーズン 第1節 ビジャレアル対グラナダCF レビュー「今シーズンも楽観できないと感じた開幕戦」

リーガ・エスパニョーラ 2019-20シーズン 第1節 ビジャレアル対グラナダCFは、4-4の引き分けでした。

この記事は全文は無料でご覧頂けますが、投げ銭制を採用しています。もし気にいったら、投げ銭して頂けたら嬉しいです。

チームとして連携がとれていたグラナダCF

4得点と4失点。どちらを評価すればよいのか。僕は4得点したからといってもボールを相手陣内に運び、シュートチャンスを作るプレーに問題がなかったとは思えませんし、4失点したからといって、ボールを奪うプレー全てに問題があったとは思いません。ただ、チームとしての連携はグラナダCFのほうが機能しているように見えました。2部から上がってきたとは思えないほど、グラナダCFの質は高かったです。

グラナダCFは4-5-1、ビジャレアルは4-4-2のチームオーガニゼーションを採用していました。ビジャレアルはグラナダCFを中央のエリアに誘い込みボールを奪おうとしていたのですが、グラナダCFはビジャレアルの選手の間や、選手を超えるようなパスを駆使して、上手くビジャレアルの誘いをかいくぐります。ビジャレアルとしては、グラナダCFのプレーを制限したいのですが、FWとMFの連携が上手くいかず、数的優位な局面を作られ、グラナダCFにボールを運ばれてしまいます。特に試合開始から10分ほどは、ほとんどボールに触れず、自陣でのプレーを余儀なくされました。

グラナダCFは守備でも連携が取れており、DFからFWの距離を短く保ち、ビジャレアルの選手たちに、時間とスペースを与えません。どちらが1部のチームで、どちらが2部のチームか分からないほどでした。

個人の力で4得点を奪ったビジャレアル

ビジャレアルが4つもの得点を奪えたのは、シュートチャンスを確実に決められる選手と、シュートチャンスを作り出せる選手がいたからです。

3得点に絡んだモイ・ゴメス、2点目にこれぞキラーパスと言うべきパスを出して相手の守備を1本のパスで攻略したカソルラ、1回のチャンスを確実に仕留めたチャックエズとジェラール・モレノといった選手たちの技術で、得点を奪ったに過ぎません。ボールを相手陣内にどう運ぶのか、ボールを相手からどう奪うのか、まだまだ連携が取れておらず、グラナダCFに自由にプレーさせてしまいました。

特に気になったのは、ボールをいかにして「奪う」のかです。ボールを中央で奪いたいという意図は感じたのですが、FWとMFのアクションは連携しておらず、グラナダCFのパス交換に後手を踏む場面が何度もありました。4失点の内、PKが1失点、コーナーキックから2失点記録していますが、僕が気になったのは、コーナーキックを作られるまでのプレーで、相手のプレーを全く制限できていないことです。相手のパス交換に足を止められ、スペースを作られ、外され、ボールを思い通りのタイミングで受けられる。そんな場面が何度も見られました。

ボールを奪うのも、ゴールを奪うのも、個人の技術でのみ。これでは、勝利を奪うことはできません。まだまだ詰めなきゃいけないポイントがたくさんある。そんなことを感じた開幕戦でした。

2018-19シーズンよりはましと思った理由

ただ、この試合を見る限り、2018-19シーズンの開幕戦よりは、ましだと思います。キャプテンマークを巻いたカソルラ、DFの中央でプレーしたラウル・アルビオル、右MFのチャックエズ、FWでプレーしたイボーラといった選手が、今シーズンは中心になっていくのだと思います。中心選手がはっきりしているだけ、前のシーズンよりましです。2018-19シーズンは、誰を中心にして戦っていくのか、シーズン後半まで分からなかったからです。

2019-20シーズンは、カソルラを中心にして戦っていくことは、はっきりしています。そして、背番号が11に変わったチャックエズは、ナイジェリア代表でもポジションを獲得し、今シーズンは飛躍のシーズンにしなければなりません。この2人をどういかすか。それが、2019-20シーズンのテーマになるはずです。

シーズンはまだ始まったばかりですが、開幕戦の強度はとても高く、開幕戦とは思えませんでした。リーガ・エスパニョーラはトップ3の実力は抜きん出てますが、他のチームはどこが上位に食い込んでもおかしくありません。実力差はほとんどないので、小さなミスが命取りになります。

勝ち点1を獲得したのか、勝ち点2を失ったのか。それは、シーズンが終わるまで分かりません。シーズンは始まったばかりですが、今シーズンも楽観できないシーズンになることだけは分かりました。今後が楽しみです。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

リーガ・エスパニョーラ 2019-20シーズン 第1節 ビジャレアル対グラナダCF レビュー「今シーズンも楽観できないと感じた開幕戦」

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
3

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つ のマガジンに含まれています