2019年J1第13節 大分トリニータ対川崎フロンターレ レビュー「スペクタクルとリアリズムの間」

2019年J1第13節、大分トリニータ対川崎フロンターレは、0-1で川崎フロンターレが勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

積極的にボールを奪いにいくことを選択した理由

この試合のポイントは、大分トリニータの戦術に対して、川崎フロンターレが上手く対応したことだと思います。

大分トリニータはボールを持ってないときは、1-5-4-1というチームオーガニゼーションを採用しているのですが、DFがボールを持つと、ボールを持ったとき用のチームオーガニゼーションに変更してから相手陣内にボールを運ぼうとするチームです。

ボールを持つと、右中央のDFの岩田がタッチライン近くまで移動し、サイドのDFのような役割を担います。右サイドのDFを務める松本はFWの位置まで移動し、時にはペナルティエリアの角辺りまで中に移動します。松本が移動すると、オナイウ阿道が中央に移動します。

中央のDFを務める鈴木と庄司の間には、GKの高木が移動していて、フィールドプレーヤー同様にボールを受け、パス交換を行います。高木がパス交換に加わることで、フィールドプレーヤーを11人にして、数的優位を作り、チームオーガニゼーションの変化によって、相手の守備を外して、ボールを運んでいくのが、大分トリニータの狙いでした。

川崎フロンターレは、大分トリニータの狙いは把握した上で、敢えて積極的にボールを奪いにいく守備を選択します。「敢えて」選択したのは、

この続きをみるには

この続き:3,727文字
記事を購入する

2019年J1第13節 大分トリニータ対川崎フロンターレ レビュー「スペクタクルとリアリズムの間」

西原雄一

250円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
12

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つのマガジンに含まれています