見出し画像

2018年J1第32節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ レビュー「3連覇へのチャレンジは始まっている」

2018年J1第32節、セレッソ大阪対川崎フロンターレは2-1でセレッソ大阪が勝ちました。川崎フロンターレは試合には敗れたものの、サンフレッチェ広島も敗れたため、2018年シーズンJ1リーグの優勝が決まりました。2年連続の優勝です。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。「1」は無料でどなたでも読むことができます。

1.セレッソ大阪はトーナメントの決勝のように戦った
2.同点に追いつかせた鬼木監督の采配
3.優勝して得た「ボーナス」をいかに活用するか

セレッソ大阪はトーナメントの決勝のように戦った

この試合が始まる前、グラウンドの芝生を見たとき、僕は驚きました。芝生が長いことは想定したのですが、まさか刈り揃えられていないとは思いませんでした。

芝生は刈り揃えるときに、機械が動く向きによって、上から見たときに見えるシマ模様ができます。ところがこの試合のグラウンドは、シマ模様が全くありません。グラウンドがアップになったときに芝生を見たら、芝生が生えている長さに場所によって差があるように見えました。

川崎フロンターレは、さいたまスタジアムやカシマスタジアムやベストアメニティスタジアムのように、芝生が長いグラウンドを苦手としています。芝生が長いとボールのスピードが殺され、パススピードが落ちてしまうからです。素早いパスをテンポよく交換することで、相手の守備を攻略する川崎フロンターレにとって、芝生が長いグラウンドはプレーしにくいグラウンドなのです。

セレッソ大阪はそのことを分かっていて、芝生を長い状態に保ったまま試合に臨もうとしたのだと思います。そして、芝生が長い状態を保つには、刈り揃えないという選択がよかったのかもしれません。

川崎フロンターレの選手のプレーを見ていると、芝生の長さより、場所によってボールの転がり方が違うことに、プレーしづらさを感じていたように感じました。

セレッソ大阪は川崎フロンターレと戦うときは、DFとFWの距離を短く保ち、川崎フロンターレの選手がパス交換する場所を消すように守ります。相手の強みを消すことを目的とした戦い方は、トーナメントの決勝のように、この試合に絶対勝たなければならないという試合ではとても有効です。

一方で川崎フロンターレは、この試合はトーナメントの決勝ではなく、あくまで1年間戦うリーグ戦の1試合というスタンスで臨んでいるように見えました。

セレッソ大阪がカップ戦に強いのは、相手の強みを消す戦い方に長けているからかもしれません。一方、川崎フロンターレがリーグ戦を2連覇できているのは、相手によって戦い方を変えず、1年間を見据えて勝つ確率が高い戦い方を選択しているからでもあります。

僕は、両チームの試合に臨む考え方の違いが芝生の長さに現れてると、感じました。

同点に追いつかせた鬼木監督の采配

川崎フロンターレは、試合を通してセレッソ大阪の守備に対して、上手く攻撃を仕掛けられていたと思います。

この続きをみるには

この続き:3,051文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第32節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ レビュー「3連覇へのチャレンジは始まっている」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
14

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つ のマガジンに含まれています