2018年J1第3節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 レビュー「省エネではなかった川崎フロンターレ。そして市丸瑞希のこと。」

2018年J1第3節、川崎フロンターレ対ガンバ大阪は、2-0で川崎フロンターレが勝ちました。

試合をコントロールした川崎フロンターレ

川崎フロンターレにとっては、2日前にACLのメルボルン・ビクトリー戦、そしてこの試合の後に中2日で再びメルボルン・ビクトリー戦を控えており、しかも次戦はアウェー。試合後に10時間以上の移動を控えており、万全のコンディションとはいえませんでした。

しかし、前半8分にエドゥワルド・ネットが先制点を奪ってからは、ボールを保持しながら、無理に攻撃のテンポを上げず、相手がボールを奪いにくる時にだす「矢印」の逆をとるようにパスを交換し、攻撃を仕掛け続けました。相手にボールを奪われても、素早くボールを奪い返し、再びゆっくり攻撃する。ボールを保持することで、攻撃する権利を長い時間保ち続け、試合を自分たちの意図通りにコントロールしてみせました。

ようやくいつもの阿部浩之が見れた

この続きをみるには

この続き:4,275文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第3節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 レビュー「省エネではなかった川崎フロンターレ。そして市丸瑞希のこと。」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
7

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています