第14号 写真集 『一路』

 今号では、2017年の10月に刊行した写真集『一路』について触れる。この本は、私が2012年より参加している「GRAF Publishers」と『九州』をテーマの柱として掲げ、写真誌を発行し国内外で精力的に発表活動を行っているレーベル「写真同人誌 九州」の面々、そして私の師匠である写真家の権泰完らと共に作った写真集である。私のページでは天草各地の海岸を撮影した写真作品を11点掲載しており、来月には福岡での展示を控えているので、この機会に少しばかり紹介させていただく。これまでの号と比べると天草要素が随分と薄めではあるがご容赦願いたい。

・『一路』が出来るまで

 2016年の秋、私達「GRAF Publishers」(以下、GRAF)の代表である写真家・本山周平と「写真同人誌 九州」(以下、九州)の松岡美紀・内田芳信の両名のひょんな話がきっかけで、この写真集作りが緩やかに動き出した。GRAFの面々は私を除いて皆が東京在住、「九州」のメンバーと権泰完は福岡市に拠点を置いており、基本的にはグループチャットを使い、制作の進行状況を共有していた。指標となるテーマについての話し合いは順調に進んではいたのだが、やはり核心が少しばかり朧げになってしまう。諸々のネットでのやり取りが発達した昨今でも、こういった出版物を皆で作るには、やはり顔を突き合わせ、現物を交えながら話しを進めることが一番なのだと痛感する。目標は2017年の秋に開催される「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」へ出品することに決定した。

 そうこうしながら、どういった本にするのか?掲載写真の枚数は?ページの構成やデザインは?印刷所は?部数は?価格は?翻訳は?と次々に積みあがる決めなければいけないこと。これまでに私達は『GRAF』という写真誌を12冊発行しており、その経験がこの決定事項に関して大いに役立った。デザインは、尾中俊介氏(Calamari Inc.)に依頼することとなり、参加メンバー7名とデザイナー尾中氏が揃う日程を調整し、2017年6月に博多にある九州ビジュアルアーツ・写真学科の教室にて掲載する写真の最終会議が行われた。8名が集うというのは中々に難しく随分とギリギリの日程となったがやはり直接のやり取りは進行がスムーズだ。本の大きさやレイアウトの構成が徐々に見えてきたのも、この会議の後からでそれぞれが持つ写真集へのイメージが固まってきていた。

・特別座談会収録 in 中洲・酒一番

 会議の後は、中洲では私達の定番のお店「酒一番」にて『一路』に掲載する特別座談会を収録する。聞き手には九州ビジュアルアーツ・写真学科の学科長である柳先生だ。皆の出会いから始まり、博多で運営していた写真専門ギャラリー「PHOTO GALLERY KYUSHU 銀」のことや各々の写真への思いを美味しいお酒とともに熱く語らった。酒が進むにつれて内容は過激になっていく。根がパンクスであるGRAF代表・本山周平の鋭い言葉が心に刺さる。強かに酩酊し後半の記憶は霞んでしまっていた。

 拠点を移し、中洲の出会い橋でまだまだ痛飲は続いた。酔っ払っている時の記憶は定かではないが録音データがあるので大凡の出来事や話題を後に確認することができる。録音したものを文字に起こすのは私の役目である。時間を置くと、なんだか気持ちが薄まりそうな気がしたので天草へ帰ってから直ぐに取り掛かった。酩酊して頓珍漢なことを言っている自身の声を聞くのは随分と堪える苦行でもあったが、何とか文字を起こしたデータを次の担当であるGRAFメンバー(当時)の片山くんに渡すことができた。

・写真集『一路』完成!TABFへ!

 「九州」の松岡氏が中心となり、急ピッチで制作は進行し、遂に写真集『一路』が完成。無事に目標であった「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」より販売を開始する。限定300部なので、それぞれの取り分を除くと販売できる冊数は随分と少なくなってしまった。

 このイベントには、天草を離れることが叶わず私は参加できなかった。毎度のことながら販売などにも参加出来ずで仲間達に申し訳なく思っている。(写真:写真同人誌 九州 × GRAF Publishersより転載)

・『一路 刊行記念写真展』東京展

 2018年の2月には、東京・小伝馬町のギャラリー「Roonee 247 Fine Arts room 1」にて写真集『一路』の刊行記念写真展を開催。掲載している写真作品を展示し、多くの人々に見ていただく。開催したクロージングパーティーには多数の方々にお越しいただいた。そして、このイベントにも仕事の為に参加出来ずの私であった。(写真:内田芳信 / 写真同人誌 九州)

・『一路』 刊行記念 福岡展

 刊行されてからのイベントに参加出来ないばかりの私だったが7月に福岡市の「富士フィルムフォトサロン 福岡」にて開催された同タイトルの写真展には、搬入と初日に参加できることとなった。東京展では写真集に掲載している作品だけを展示していたのだが、今回の福岡展では、新たに始めた縦位置の写真のみで構成した新シリーズを展示し思いがけず様々な方に好評を言葉をいただいた。

・福岡展搬入の様子

 メーカーギャラリーでの展示搬入の正確さ、スピーディーさに驚かされた。展示する人数が多いので長い時間がかかるかと思われた搬入作業の進行は順調に進む。

 この写真集のゲスト写真家・権 泰完の写真に始まり、松岡美紀、國領翔太、錦戸俊康、片山亮、内田芳信、本山周平の写真が並んだ。展示の序盤は大雨が続き客足が危ぶまれたが、展示を終えての総来場者数は中々にいい数字となっていた。私自身も福岡で開催するにあたり見ていただきたい方々がいらしてくださったので、内容・集客のどちらも満足のいく結果となった。

 2016年より製作が始まった写真集『一路』もイベント出品や二回の写真展を終え、いよいよ残部僅少となり嬉しい限りである。これからしばらくは縦位置の写真に没頭することとなりそうだ。展示して初めて気がつくことは今までも大なり小なりありはしたが、福岡展で気付けたことをこれからも高めていけるように励まねば。

お買い上げ&ご来場いただいた皆さん、関係者の皆さん、ありがとうございました!

写真・文 / 錦戸 俊康

※こちらの特集記事は2018年6月15日に発行した
『天草生活原色図鑑 電子版』の追記・再構成記事です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

天草生活原色図鑑 電子版

熊本・天草での暮らしを通じて出会った人々や場所、出来事を撮影しwebマガジンとして発行しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。