西村晋弥(映画監督・仮)

初の長編映画「E干サークル」の監督(仮)。2005年11月2日にシュノーケルのボーカルギターとしてメジャーデビュー。アニメ「NARUTO」の主題歌や、アニメ「銀魂」のエンディングテーマを担当。役者として舞台の作・演出の他、映画やドラマにも出演。

言葉の壁

只今ブラジルから帰国途中のドバイにて書いています。
機内では様々な映画が観られます。
地球の裏側、日本とブラジルともなりますと、
約半日のフライトを2回繰り返してようやく片道の旅ですので、
頑張れば往復で約20本ほどの映画が観られます。
しかし様々な国の映画がある中、
日本語に翻訳されている映画は限られていますので、
行きも帰りも同じラインナップであることが多い飛行機事情。
ドバイから日本に帰る頃

もっとみる

weekly everydayの面白さ

今、ブラジルで書いています。
僕がやっているシュノーケルというバンドは、
アニメ「NARUTO」や「銀魂」のテーマソングを担当していたことがきっかけで、
日本のアニメが盛り上がってる南米に今も呼んで頂く機会が多く、
ブラジルに来るのはこれで4度目です。
東京、ときには都内を飛び出してのたくさんのロケを行いましたが、
海外にはそれぞれ本当にその土地にしかない空気感があり、
非常にいろんな画を撮りたく

もっとみる

撮影最終日

初めての映画「E干サークル」(いいぼしサークル)の撮影が終了致しました。
2月に撮影をスタートし、元々は4月までで撮り終わる予定でしたが、
月1〜2回の撮影とはいえ、結果6月いっぱいまで撮影を引っ張ってしまい、
役者の皆様には映像のつながりのため、髪型をキープして頂くなど、
期間が延びれば延びるほど申し訳ない気持ちが募りました。
それでも皆さん、終始とっても楽しそうに関わってくださり、
本当に助け

もっとみる

音声データの保存

大阪にライブに行ってきました。
東京から大阪まで夜行バスで行ったのですが、
片道1600円という安さに驚きました。
平日で、行楽シーズンでもなかったため、
日を選ばなければここまで安いのか、と感心。
土日を利用して実家の宮崎にも帰省したのですが、
飛行機も今は随分安いプランが増えましたよね。
映画のロケ地など、設定によっては
都内の風景では撮れないものもあるかと思いますが、
スタッフや役者さんたち

もっとみる

キャスティング

思えば映画を撮ろうと言い始めたのが2018年9月のこと。
キャストスタッフの皆さんと初顔合わせしたのが同年12月のことでした。
その頃にはもちろん脚本がありましたし、
翌2019年2月10日には、撮影がスタートしました。
どうやっていたのだろうか、と我ながら感心します。
とてつもないペースでここまでやってきました。
9月の時点から、2020年1月の劇場公開を想定して動き始めています。
初めて尽くし

もっとみる

カット割りで注意すること

撮影を始める前、様々な映像を生業とする方と飲みに行きました。
いろんなためになるお話を聞かせて頂く中、
絵コンテの必要性に関しては皆、意見が違いました。
本作においては、監督である自分が自らカメラを回す、
ということを大前提にお話したわけですが、
その上で、絵コンテは絶対に必要である、という方もいれば、
自分で撮るのであれば必要ないのではないか、という方もいました。
実際僕は事前の撮影シミュレーシ

もっとみる